Veapaのフレーム

IMG_0217
買ったばかりなのでVespaの話題が継続しますが、お店に裸のフレームがおいてありました。
日本でも同じ事をしている(していた)のかもしれませんが・・・
お店のおばさんが力説してくれたので、耳を傾けてみると・・・
日本製のスクーターとはここが違います。という感じで、
ママチャリフレームにプラスティックのカウルをビス留めしているのではなく、
金属のモノコックフレームを採用しています。スポット数の数もとても多いです。
という感じのインフォメーションでした。
IMG_0214

IMG_0213
IMG_0231
こんな感じ。
ベスパのフレーム形態は軽量・コンパクトで独特の粘りのある乗り味を醸し出してくれますが、ぶつけたらパー的な危うさがあります。これってクラッシュしたら直せるんでしょうかね?
一方、長く乗っていくという部分ではリペイント出来る楽しみもあります。(プラカウルは在庫終了で交換不能)
スポット数やパーツの貼り合わせ等がどんな感じなのかはわかりませんが、カバーを外すと鶏ガラのようになってしまう日本ブランドのスクーターに比べると、個人的には良いなと思います。

This entry was posted in vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA