Vespa PX150 クル

Vespa PX150
PX150Euro3のメディテレニアンブルーが目にとまり、衝動的な行動に出てしまいました(笑)

ベスパは1946年に初号機が登場したわけですが、当初からスティールモノコックボディー・ハンドシフト・フロント部片持ち・リンクアームなどが採用されていました。
他モデルがどんどん進化していく中で、オリジンなクラシカルな要素を残しながら2スト・キャブで排ガスを含めて、現行の車両基準を満たしているオリジンモデルを新車で気軽に手に入れられるのは魅力です(私は中古ですがwww)

やっぱりベスパといえばハンドシフトが良いですしね・・・

一応今時スクーター的にはチューブレスタイヤぐらいには換装しておきたいところですが、弄らずオリジナルのまま乗りたいと思います。
8馬力も無いですが、近所に野菜買いに行ったりするのがメインになりそうなので、たぶん大丈夫でしょう。
(あ、ETCを装着するか検討中www)

This entry was posted in PX150 Euro3, vespa and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA