BELLISSIMA

あちこちで「PXを買った」と吹聴してまわっています(笑)
皆さん、オリジンなスタイル見てグッドなコメントをしてくれます。
新車で買えることを知って「私もこれにしようかなー」とも・・・

が、いまベスパを買うのであれば、BELLISSIMAでしょう。
Vespa 946 Bellissima 日本仕様は125ccから150ccになりましたし、一見すると1,242,000円というハイプライスは、一瞬「・・・・」となりますが、よく考えてみると、ユーロ圏も含めて世界的には最も入手しやすい感じだったりします。150ccのスクータとして見ず、インポートモトとして考えるのであればロープライスですしwww

Vespa 946 Bellissima 伝統のスチールモノコックボディに加えて一部がアルミパネル化されていたり、
12インチ・前後ディスク・フルLED・ABS・ASRと現行スペックはすべて満たしています。これからのベスパがパッケージされています。

Vespa 946 BELLISSIMAハンドメイドが機能上どうなのか?という問題はありますが、カタログ上で、こんな感じでステッチイメージが出てるとやっぱり「おぉぉー」と思ってしまったりします。
イタリアな車達のように革の色とステッチの色なんかがオーダー時に選べたりしたらなお良いです

Vespa 946 BELLISSIMA
こんな感じですかね。
コンセプトモデルから上がってきたモデルなだけにしばらくすると無くなってしまうかもしれませんが・・・
個人的にはこの流れで300ccクラスで300万以下のモデルが出てきたら心が揺れます(笑)

This entry was posted in vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA