ライセンスプレート

Vespa PX150 Euro3 Euro3からのようですが、日本のナンバーを装着するためのガイドプレートが妙に大きいです。
端的にはダサい(笑) ウインカー隠れちゃってますww
構造的にはボディとサブフレームを貫通している4カ所の穴(ユーロピッチのライセンスプレート用と思われる)を利用してガイドプレートが固定され、プレート上に日本ピッチのボルトが立っています。サイズがピッタリなのは便利ですが、ちょっと大き過ぎやしませんかねwwww
できればボディ直付けにしたいなー

Vespa PX200Eこちらはご近所様で見かけたPX200Eですが、ガイドプレートはほぼ面一です。
こっちの方がいいんだけどなー
マッドフラップなんかを付けてもちゃんと映えそうですし・・・

Vespa PX150Euro3現状はダサいついでに駐輪場の定期契約ステッカーを横向きに貼付しています。
(コイツも出来ればボディに貼りたく無い・・・)

This entry was posted in PX150 Euro3, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA