IRC MB90 TUKTUK

image<IRC MB-90 TUKTUK / 3.50-10>
早速チューブレスリムにタイヤを組んでみました。
ピレリとかミシュランとかシュワルベ等が定番ということは承知していますが・・・

image Made in Thailand www 滞在地であるタイ王国製のタイヤを組みました。(笑)*IRCは合弁工場がある

image IRCのMB90 TUKTUKというふざけた名前を見て震えました(笑)
製品そのものは重量のある車輌向けでは無いようなので、同じIRCであればMB-520というヤツが推奨銘柄のようです。確かに現地に10インチのモトは無いため、軽量な日本の50cc用をターゲットにしたスペックになっていそうです(基本、カブタイプの細い17インチが定番。最近はPCXに代表されるチューブレス14インチが主流)。したがって、あっという間に偏摩耗してしまったり、荷重がかかると腰砕け風な挙動を見せるかもしれませんが、名前と生産地を見てしまった以上、とりあえず使ってみたいという衝動を抑えられませんでしたwww

image一応こんなタイヤレーバーも使いましたが、手組みすると必ずキズが入るとのお話が散見していたので・・・
imageParkTool社製TL-5
バイク(自転車)用のタイヤレバーですが、金属製のレバーが樹脂に覆われています。
ゴツいMTB用のチューブレスなんかを嵌めるのに使うモノですが、リムに直接接触する部分がプラパーツなのでキズが付きにくいかなと・・・(笑)短いのでテコをしっかり効かせたい時はレバー上部の穴にドライバーを突っ込んでトルクを駆けました。
なかなか良い感じで使えたのですが、結論的にはやっぱりキズというか塗装が剥げました。<上記画像参照>
少しレバーを懸けただけで「パキッ」と塗装が欠けてしまうのでやはり手組はイマイチかもしれません。きれいに組むのであれば、リムガード等を使って確実に保護しないといけないと思います。(多分上手いとか下手は関係ないと思います。)

image エア漏れしないか、とりあえず1日放置してみます。

This entry was posted in PX150 Euro3, Parts & Goods, vespa and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA