<確認>シフトワイヤエンジン側

imageシフトワイヤのエンジン側のカバーを外しました。
プラスドライバを使ってスクリューを緩めるだけで外せますが、ヘックス&トルクス全盛期なのにドライバーなんぞ今時怖くて使えない!!
さて、ワイヤが見えました。
ん、なんだこのうんこグリスは・・・(カピカピでパサパサ)

imageおーい・・・業界慣習でオートマチックで5万円以上も整備費用が発生するんですからこの辺はせめて・・・くっ!キタネーグリースだ・・・

imageワイヤアジャスタのベースナット手で回せるくらいゆるゆるだったので固定。
反対側とのギャップが・・・・
アジャスタは出来れば適切な状態を保っておきたいので、調整し直したいところです。
何度か引っ張ってるワイヤだと、張り直し後に切れたりするかもしれないので、スペアを確保してからかなー

うむー・・・

This entry was posted in PX150 Euro3, vespa, <備忘録>PX150Euro3. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA