チューブレスリム&タイヤ

image チューブレスに移行しました。
空気圧は前後とも2.0kgf/cm2(冷間)にセット。おそらく200~300kmの走行で初期抜けが出ると思われるので、再充填時にフロントはもう少し落とす予定でいます。(ロードインデックスが51なのが気になりますが・・・)
数字上、バネ下重量が軽減されたので、加減速感やサスペンション等の動作に対して有用に作用するはずです。
体感的にはころがりの良さが得られ、チューブタイヤのフワフワ感がとれ、カチッとしました。
また高速道路等で、4速全開のまま倒していっても路面のアンジュレーションの影響を受けにくくなりました。
まー取り替えてみると「チューブタイヤのフィールもなかなか良かったなー」と語ることもできますwww
とりあえず自己満で謎のタイヤを装着しましたが、件の高速走行での結果を踏まえて次回はハイグリップタイヤを装着してみようと思っています。(そういうタイヤがあるのかは知りませんが・・・)

This entry was posted in PX150 Euro3, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA