NGK BR6HS

R0016498.JPGPX150Euro3の純正プラグはCHAMPION RL82Cが装着されています。
個人的には、チャンピオンというと

「装着されていたら即その場で外して捨てる」

という経験や習慣を思い出しました(笑)
馴染みのレース屋(改造屋)さんも入庫車にチャンピオンが付いてるとチラ見もせず反射的に床に投げ捨てているのを何度と無く目撃しています。
まーチャンピオンが特にダメという事は特に無いとおもうのですが、製品個々のバラツキや寿命等で、NGK・DENSOというようなジャパンプロダクトに優位性があるというのが一般的なようです。
走行距離も間もなく10000kmに近づきつつありますし、連続した高回転高負荷の走行後、アイドリング~低回転時のフィーリング変化が出てきた気もするので、NGK社製のものに交換してみることにします。
PX150Euro3とイリジウムプラグとの相性は良くないという情報が散見されますので、今回はノーマルプラグ(BR6HS)をチョイスしてみました。

This entry was posted in PX150 Euro3, Parts & Goods, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA