メンテしてもらいました。

Vespa PX150Euro3 本日、ご近所のベスパ屋さんでメンテして頂きました。
内容的には
シフトワイヤ交換(アップ・ダウン2本)
シフトワイヤ分解・グリスアップ
スロットルパイプ分解・グリスアップ
スロージェット交換
リアブレーキシュー加工・清掃
スロットルワイヤ調整
になります。

アップとダウン2本のシフトワイヤを新品に交換してもらい、バランス良く調整していただきました。「クキクキ」と小気味よい感触でスムースに入るようになったのと、その結果として変速時に生じていたショックが驚くくらい無くなりました。これはミッションへの負担も明らかに違うでしょうねー
交換前のワイヤを見せて頂きましたが、ハンドル部の部分に「縒れ」と「曲がり」がありました。

スロージェット交換とミクスチャ調整によってスロットルのツキの悪さが解消されました。
ベースの噴射量が増えた事で、燃料供給が安定したようです。
まー薄かったという事ですねー
すげー乗りやすいです。

リアブレーキはシューが無加工でそのまま入っていたようです。
シューの面取と溝加工、ペダルの遊びを少なくセットしていただきました。
踏み始めのタッチに軽薄感が無くなりペダルからググッとしっかりとしたフィードバッグが得られる様になりました。ペダルタッチが一定なので、ロックさせずにスキール音を一定に保てるような踏み方をする事も容易です。リヤを積極的に使うことで効率的なブレーキングが出来ると思われます。
コレも全然別物になりましたwww

誰が乗ってもハッキリ違いがわかると思います。
うーんこれが、ファインセッティングですねー
お店では通常納車整備の項目との1部として実施されているとのことでした。
ベスパとはこんなお店で出合いたい!!
このフィーリングをリファレンスにしていきたいと思います。

本日は作業ありがとうございました!!
今後もよろしくお願い致します。

This entry was posted in PX150 Euro3, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA