ETCツケマシタ

R0016733.JPG想像した以上に、高速の利用が多いので・・・
PX150Euro3にもETCを装着しました。(日本無線株式社製JRM-11)
本体価格って改定されたのでしょうかね?2輪のETC付けるのって6万円ぐらいするイメージがありましたが、お安くなりましたねー <価格改定されてました

17387978851_5ec1dbd992_o製造年月は2015年3月になってました。商品の特性上、需要に生産が追いつかないという事は絶対に無いでしょうから、月販数ベースでミニマムで作って出荷しているのでしょうか?たまたま?

R0016719.JPG件の配線を利用して電源を確保して、アンテナはノーズカバー内部、位置的にはホーンの後面に装着しました。外見からはETCの装着がわからないエレガント仕様です(笑)

R0016735.JPG本体装着位置はどこにしようか再検討中です。

あ、とても大事な事だなーと思ったのですが、
ベスパにETCを付けるときはベスパなお店、それもこだわりの専門店にお願いしましょう!!
*理由は後述します

<余談>
そもそもPX150にもETCを装着してみようかなと思ったきっかけは量販店で熱心に営業された事です。(冷やかしでいろいろと尋ねてしまい、結果的には営業スタッフの方も困ってしまったという顛末になりましたが・・・)
ベスパ(PXという事だと思います)の場合、
・ノーズカバー内からの電源取得不可(ディーラーからの正規な情報がないため)
・バッテリから電源を取り、配線をサイドカバーの下からフロア上に這わせツールボックスの脇を通して本体をツールボックス上部に両面テープで固定。
・アンテナは別売りのステーキットを使ってメーターカバー上に両面テープで固定。
・配線はチューブでカバーしてコードをこいつ↓を使って固定。ってwww
名称未設定-1
配線も本体もすべて剥き出しということですね(笑)
いたずらや盗難も心配ですよー(笑)
正気ですかっ!
そしてコストは本体+専用ステー+基本工賃が15,000円+配線や結線パーツは実費加算
また、実際取り付けてみて大きな加工が必要であったりする場合には取り付け不可&返品不可
一生懸命勧めて下さったスタッフの方も「ちょっとコレはナシですよねースミマセン」とペコペコしてくれました。お手数かけましたwwww

This entry was posted in PX150 Euro3, Parts & Goods, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA