PXのギヤオイル その1

image走行距離8000kmで納車された青いPX150Euro3ですが、10500kmを超えました。そろそろギヤオイルを交換したいと思います。
ベスパな皆さんにとっては常識中の常識なのかもしれませんが、ビギナーな私は作業を始めるあたり、初歩的な問題に躓きました。

imageこちらは世界の”トップブランド”を輸入する成川商会様謹製の使用説明書です。ギヤオイルの項目を参照してみると・・・・image20W/40 250gとなっています。
250gって・・・
20W/40ってのはエンジンオイルの粘度ですよねー・・・

imageさて、こちらはピアッジオ様のユーザーマニュアルです。(未開封でしたw)

image同様にギアオイルの項目を見ると・・・
推奨製品としてAGIP GEAR 80W-90となっています。
そして容量は~250cm3(キュービックセンチ)となっています。

で、どっちなの(笑)

量はともかくとしてオイル粘度は全く異なりますwwww
普通ギヤオイルっていうと80とか90ですからピアッジオのマニュアルの方が自然です。
まー4ストの湿式クラッチミッションであれば普通にエンジンオイルなので別に・・・という見方もあります。ここまでの情報では日本語版マニュアルは無視で、迷わずピアッジオ様のご指示に従って作業を遂行したくなります。

しかし、参考にさせていただこうとネットを見てみると・・・
10w-40や20w-40。なかには5w-30なんてオイルを入れています。
そしてギアオイルらしい90番台を入れたという情報は見つからない・・・

いったいどーなってんだ!!

時代の流れでいまどきのマルチグレードなら問題無いということでしょうか?
クラッチ的には固すぎるって事?
しつこいですが、4ストだったらエンジンオイルが普通ですし・・・
小排気量のミッションだから何でも良いって事ですかね?
うむー・・・・なんとなくピアッジオのご指示通りまずはやってみたい気持ちでいますが・・・
だれか教えて下さいお願いします(笑)

<追記>
成川商会様の使用説明書をさらに見てみると・・・
imageオイルチャートにはSAE 80w-90と記載されています。
原盤をそのまま訳してありますね。

しかし!image仕様一覧のページでは「20W-40の鉱物性エンジン・オイルを使用」との記載が・・・・
中途半端な翻訳と編集が悩ましいwwww

This entry was posted in PX150 Euro3, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

0 Responses to PXのギヤオイル その1

  1. TARO says:

    ボクだったらピアッジオ様指定OILを入れるでしょうね~
    何だかんだ言ってもそのエンジンを設計したメーカーですからね!
    しかしながら80番台のOILって回転抵抗高そうです...古いエンジンには優しそうですが。

    • CNX41 says:

      TAROさん こんにちわ コメントありがとうございます。
      後編を楽しみにしています。
      やはりそうですね
      私もリファレンスが好きなので基本的には踏襲していきたいと思っています。
      しかし、純粋に抵抗が高そうというイメージも思い浮かべてしまうので悩ましくなってしまいました(笑)
      LMLの2Sの表記がどうなってるのかがかなり気になりますwwww
      まずは、マニュアル通りやってみることにします。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA