フロントブレーキパッド交換

18073636412_60abfca0c9_oここ数回でフロントブレーキの雰囲気が急にが変わったので、キャリパのぞき窓から観察してみると、もう無い?(ように見えたwww)
考えてみると、フロントブレーキは乗り始めてから一度も触っていないんですよね。パッドは前オーナー様からの継続になっています。
(リアブレーキシューは乗り始めて直ぐ加工・調整してもらいました)
パッドの片減りが進んで、ローターへの当たりが悪くなってきた(勘or妄想)気がするので、パッドを交換することにしました。まー距離もそこそこ乗ったし、毎日のように高速乗るし・・・

さっそくベスパ屋さんの親方にコンタクトしてみると、パットの在庫はあるそうなのでお伺いすることにしました。今回は時間と所用の関係でそのまま装着・調整までお願いしました。image<こうやって見るとローターも交換したくなるwwww>
パッド自体は残3mmほどあって、親方的には「まだ使える」というご判断でした。
確かに新品のパッド自体がさほど厚みが無いので、そういう意味ではまだ半分ぐらいに見えないこともないです。しかし、結構片減りしています。パッドやローターは消耗品ですし、ピストンの圧不均衡はキャリパトラブルの背景因子と見ることもできますので、交換してもらうことにしました。

それにしてもきめ細やかですねー。手も速いですし。
ピストンやシールの状態なんかもしっかりチェックしてくれています。
パッドの小加工等も含めてサクッと作業していただきました。
いつもありがとうございます

This entry was posted in PX150 Euro3, Parts & Goods, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA