Vespa PX150 Euro3 生産中止はいつ?

imageアクセス解析に「Vespa PX150 Euro3 生産中止はいつ」という直球なキーワードがリストされていました(笑)
スクリーンショット 2015-06-28 8.37.01こんな感じ・・・・
国内仕様に関しては125ccはさりげなく終了しています。そして150ccもドロミテグレイとブルーミッドナイトメタリックが販売店&メーカー在庫のみになり、赤・白・黒の3色になりました。Euro3対応として再販売されたPX150がリリースされて4年が経過しています。その名前の通り、現行の排ガス規制の規格基準をみたしているわけですが、2016年からはEuro4の適用期間に入ります。詳しい事は解りませんが、単純にEuro3の2倍厳しくなるという感じで捉えています。また車輌環境をモニタするオンボードデバイスの装着義務化等も付加されるようなので、伝統的な2スト空冷エンジンがEuro4に対応できるかどうか?(対応させるのか?)という部分が1つのラインではないかと考えられます。
対応しない(できない)というケースだと、今年いっぱいですから「生産終了は間もなくです!!」という事になります。そうやって考えてみると、あと6ヶ月しかないので、今回は減色ではなく、生産台数のコントロールなのかもしれません。
2スト空冷ハンドチェンジはベスパ乗りにとっては基本のようなものかもしれませんが、市場的にはニッチな存在でしょうから、ピアジオ様も時代の変遷に合わせて来ることでしょう。

PX150Euro4とかPX200Euro4(PX175でも良いですwww)というようなモデルを出して頂くためには、まずベスパに乗っている人が1人1台Euro3を新車で買ったりとかをしないといけないかもしれません(笑)
ふと目についたキーワードですが、さりげなく生産中止の可能性がありますね。国内在庫があるウチに検討中の方はゲットしておいた方が良いかもしれませんねー
<追記>
2016年一杯でEuro3の販売が終了するというお話が出てきました。ほぼ確定のようです。(実際に何月まで売るかは未確定風)
来年は70周年なので、記念モデルがリリースされます。(と、思う)
PXもホントのホントに最後なので、ファイナルモデルが登場するはずです。(と、思う)
ただし、PXの場合中身が違うというのは無いでしょうから、現行色が好みの方は確実に買えるうちに手を挙げておいた方が無難風(笑)

<さらに追記>2016.12.28
まだオーダーできるようですが、年末~年明けまでがリミットな模様です。
お店の新車在庫は現時点で0台(全部売れちゃいましたwww)
正規代理店やピアジオジャパンも多めに輸入すると思われるのでそれなりに最終ロットの台数はそれなり確保されるかとは思われますが欲しい人は買っちゃうほうが安全かと思います。


This entry was posted in PX150 Euro3, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA