14000km

R0016831.JPG<ううぅーーピントが・・・>
走行距離が14000kmを超えました。
先日、グレートベスパオレンジ様に「やっと慣らしが終わった感じ?」とありがたいコメントを頂きました。
乗り始めが8000kmですので、4ヶ月半で6000kmほど乗った計算になります。
他の車輌との併用でこの距離なので、PXの単機運用になったら危ないなー・・・

いまのところ、大きく何かが破綻するようなトラブルの徴候は見られません。
連日の4速全開90分×2回もそつなくこなしてくれますし、近所乗りで2速でほぼアイドリング的な感じでも愚図ることなく動いています。
なにかと理由を付けて各部をバラしていますが、見れば見るほどシンプルなので、部品自体のエラーを除けば、構造に起因するような故障はなかなか起こらないのではないでしょうか?
初めてベスパ屋さんに伺った時に「これだけ距離(8000km)でていれば壊れないと思いますよ」と言っていたのを思い出しました。
(前オーナー様が2年間保証をフル活用してダメなところは直してしまったのかもしれません。)
まー劣化や消耗が進んでも、Euro3は、当分、簡単に純正部品の入手ができるので、気になったらどんどん交換していく予定です。
パーツ代も地味に安いし・・・

ET3が動き出したら、エンジンを下ろしたり、フォーク周りをバラしたりしたいなーと考えています。
スペアエンジンが欲しいなー(笑)

This entry was posted in PX150 Euro3, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA