ショックアブソーバ

imageそろそろ15000kmを超えますので、段階的に各部の整備をしていこうかなと・・・
直接的に路面と接触するタイヤが一番大事かなーと思いますが、一定の間隔で交換するものなので、追随するホイールやショック+サスペンション可動部のベアリング等のメインテナンスをしていこうかなと思っています・・・RS24早速オーダーしてみましたwwww
Euro3はLMLとおなじショックアブソーバが採用されています。
個人的には、ベスパはあくまで実用車です。直巻で低めのバネレートでしなやかなアシよりも、4人乗ろうが5人乗ろうが大丈夫な堅牢な足回りであるべきと思っていました。
しかし・・・・
連日高速を走っていると、どうしても納まりの悪いシチュエーションがあったり、路面に拾われて嫌な動きをしたりします。(特にフロントが・・・)
ノーマルショックはバネレートの割にはローダンピングで、どうしてもピョコタンするので、この辺りのフィーリング改善につながれば面白いのでは無いかと思います。
早くこないかなー(笑)

This entry was posted in PX150 Euro3, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA