MALOSSI RS24 ファーストインプレッション

img20150710182554821<画像はベスパ屋さんからパクりました スミマセン!>
ショックアブソーバをマロッシ社製のRS24に換装しました。
マニュアルを参照すると・・・
(あ、マニュアルお店に置いてきてしまった!!親方捨てないでー・・・下さい)
コンプレッションのダンピングを24段階に調節出来ると書いてあります。
だからRS24なんだーと納得するも、アジャストダイヤルのクリックは全部で19回www
なんど試しても19回。前も後も19回。親方に確認しても「あ、僕のも19回ですよー」というご回答でした。
まーいーや(笑)
まずは前後ともにマックスダンピングから9クリック戻し、ここをコントロールとしてセッティングしていきたいと思います。

とりあえず、お店からの戻りで約20km、首都高を50km。都内からC1→3号→東名で御殿場経由で箱根に抜ける130kmでのインプレッションですが・・・
ノーマルに比べてコンプレッションもエクステンションもダンピングがしっかり効いています。ジワーッと荷重が移動していくのが体感できます。
好印象なのが、フロントサスペンションの動き。ノーマルは少し強く制動すると、グラッと前方への極端な荷重移動が起こりリアの荷重が抜けます。そのため車体の押さえが効かず、ホイールロックまでのタイミングが早かったのですが、このダイビングがかなり抑えられています。しっかりと奥までブレーキを使えるようになりました。

それからショックの全長が長いために車高が上がりました。スタンドアップした状態で、フロントのサスペンションリンクは明らかに開大した位置になっています。そして純正よりケースが短くシャフトが長いので、有効ストローク長も伸びていると思われます。

フロントのプリロードは箱入りのまま、リヤは1cmほど懸けた状態で装着しました。
現状フロントの車高アップのせいか、車体のタチが強いです。ノーマルの鼻先が軽薄な感じは無くなりましたが、少しどっしり感が強いかな?という印象です。雑に表現すると曲がらなくなりました。わかってしまえば安心して倒し込めるので、ワインディングの下りやサーキットなんかでは良いかもしれません。
ユルく乗る時にちょっとアンダー過ぎる気がするので、ほんの少しだけクルクル感が欲しい気がしています。
目論見的にはフルロード時で前後水平か少し後ろ下がりぐらいの状態でバランスを取りたいと思っています。現状よりもほんの少しだけハンドルが効く様にしたいですねー。走容の変化から鑑みると、換装のメリットはダンピングアジャストよりも前後の車高が弄れるという部分の方が高いかもしれません。
しかし、リアのプリロード調整は想像以上に調整がめんどくさい。(タイヤを外す→カニ目をブラインドで入れる→ちょっとしか廻せないww)緩めたり締めたりするナットやボルトの数を考えるとショックそのものを外すか悩むくらいです。最初なのでがんばりますが(笑)

高荷重をかけるシチュエーションはありませんでしたが、ブレーキリリース後にフロントリンクがピョコンと戻ってフロントが抜重してしまったりするのもしっかり抑えられていてグッドフィーリングです。
(欲を言えばフロントだけはエクステンションダンピングのアジャストが有ったら面白いと思いました。RS24-10ってのがラインナップされているので、PX用にもリリースして貰いたいです。)

箱にはレーシングショックアブソーバとプリントしてありましたが、タイヤをしっかり使う事ができるようになるセーフティデバイスだなーというところです。もちろんスポーツ走行にもバッチリだと思いますけどね(笑)

やはり、チューニングはタイヤとサスペンションに始まり、タイヤとサスペンションに終わるんだなーと再認識しています。
もう少し乗りながら弄ってみます。

This entry was posted in PX150 Euro3, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA