ET3 引き続き思案中www

R0016827.JPG

本来はお休み中にライドアクティビティが上がるはずですが、どこにも行かず毎日朝から飲んでますwww

ET3はいつ動かすのか?という突っ込みが地味にあるのですが、未だコンセプトまとまらず(笑)

基本はオリジナルが好みなのでその路線でいくつもりです。
まずボディ。
一部板金や補修塗装が必要なのでついでに剥ってオールペンするのか、オリジナルペイントを生かして乗るのか?全然決断できません(笑)やっぱりオリジナルですかねー?

次に足回り。
チューブレスリムはすでに買ってあるのでタイヤはチューブレス化します。
リヤサスペンションはP・PXと共通なのでマロッシをもう1本買うか、Euro3のを移植してみようかなーと・・・
フロントは各社からET3専用のショックアブソーバもリリースされていますが、実物を見ると非常にプアキャパシティでなんとも頼りない。まだちゃんと調べて無いのですが、フォークを換装してストロークがしっかりしたショックアブソーバや大容量のドラムブレーキの組み込みたいと思ってます。換装すると、車高が上がって佇まいや乗り味が変わってしまい、ET3らしさが・・・なんて話もあるので、親方とよく相談してみたいと思います。

エンジンはノーマルで行きます。
いままで拝見した弄ったスモールでちゃんと走っているのを見たのは1台だけです。
私自身の使用目的を鑑みるとあちこち弄り倒して実用性が下がるのはダメなのでエンジンはオーバーホールはしても中はフルノーマルで組みたいと思います。
まーキャブとチャンバーくらいは取り替えてしっかり吸ってしっかり吐けるようにはするつもりですが・・・
12V化してみたいなーとも思いましたが、そうなると精度が??で軽過ぎるフライホイールやアフターマーケットのステーターや点火電装を装着することになり、やっぱりデイリーユース上はデメリットになりそうなのでパスするつもりでいます。ベスパに限らず、トーシローが小排気量をハードチューンしたとことで、「所詮は・・・」ですので止めておきます。
ハードチューンはいつの世も数少ない選ばれた人達の尖った領域って事で・・・私はその器ではありませんね。

できる限りピアジオ様の純正パーツのみでレストアップしていければなーと思っています。
まー親方がここはOEMでもリプロでもオッケーでしょ!とおっしゃった場所は即妥協しますけど・・・(笑)

で、いつヤルの? なんですけどね・・・・
年内完成予定wwww

This entry was posted in 125 primavera ET3, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA