サイドスリット

WS000010
間もなく上陸するであろうGTS300Touringですが、日本仕様はSuperじゃなくて、ふつうのGTSがベースだという噂です。
Google画像検索を参照すると確かに同じシルクグレーのTouringでもサイドスリットの有るモデルと無いモデルがヒットします。
そしてピアジオジャパン様のWebサイトを拝見すると・・・
サイドスリットが入ってます。これはSuperがベースのTouringって事かな?
グレートベスパ様の皆さんのお話を総合するとこのサイドスリットの有無は、スポーツモデルなのかどうなのか?という系譜的なデザインの引証としては非常に重要なポイントとのこと。

そう伺ってしまうと・・・・
無しかなのか?有りなのか?どっちを選ぶんだ!!と尋ねられたら
「あ・・・、有りでお願いします!!」
と言ってしまいそうです。

今回はスリット無しというお話が濃厚なので、おそらくは本国仕様をサイト画像に使ったってことかな?
そう考えるとスリット付きのサイドカバーを後塗りして、ノーマルな2015モデルをSport仕様やSuperSports仕様にして乗るのも面白いですねー
<追記>
と、思ったらGTSはここもボディの1部なんですね。
知りませんでした。
ということは、スリットの有無は重要ポイントですね。

This entry was posted in GTS300 Touring, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA