GTS300ABS-ASR Touring クル(仮)

image
マイ(仮)GTS300ABS-ASR Touringがベスパ屋さんまで到着しましたー
オレンジSprint125も新車でしたが、家電量販店で購入したのでテレビを買う感じでレジでカードを出しそのまま乗って帰ったのと、2日だけ乗って日本に戻って来てしまったので実感なしwww
そういう意味では初のニューベスパなので非常にインパクトです。

image
まずブツブツ言っていたスリット問題ですが、ちゃんとスリットが入ってます。
そもそも日本仕様の300は今まで全部スリット入りSuper仕様だったそうで・・・
私以外は、スリット有りが普通と思っていらっしゃたのかもしれません(笑)
ボディカラーのシルクグレーですが、ソリッドではありません。おそらくパールでしょうかね?光の加減で色合いが変わるのと、周囲の色が映り込んでとても綺麗です。ボディカラーは正直、妥協していた(300だからしょうがない的な・・・)のですが、実物は想像以上でした。しっとりしてます。(小僧好みの下品なレロレロマジョーラとは全く異なりますwww)

image
フロントキャリアはナロータイプのモノが装着されています。
そして、画像は取り忘れてしまいましたが、このフロントキャリア・・・3点支持でした。キャリア下部もフレームに固定されています。(+吸盤)
純正オプションは今後このタイプに変更されるようです。引っかけ&吸盤タイプが欲しい方は今のうちに確保でしょうかも?

image
ツールボックスには「Touring」のロゴ入り。

image
フロントはLEDインジケータ一体型のウインカーでした(リヤは国内法規上LED無し)

image
この辺りは順当な感じですかね。
いやー思った以上に良い色ですねー
今回はいろいろあるのですが、とりあえずポストします。

<おまけ>
たまたま飛び込んだベスパ屋さんですが、
「ハンドチェンジが全て!」とか「スモールとスーパーヴィンテージ以外はね・・・」みたいな感じだったり、新しいお客さんを値踏みして、「こんにちわ」さえ言えないようなお店がたくさんあるなかで、「ヴィンテージもやります。オートマの新車もやります。」「他店購入の車輌も見ます」「パーツ持ち込みすべてオッケーです」と、清濁を呑み込んでくれる寛容なお店だったのは非常にラッキーでした。
GTS300を勧められて躊躇無く導入したのも、このベスパ屋さんの基本姿勢が全てだったと思います。
「スクータオリジンであるベスパはホンモノ」という部分にこだわりつつ、間口を広く取って多種多様なスタイルでベスパを楽しめる環境を提供している親方のスタンスはとても好感が持てます。

This entry was posted in GTS300 Touring, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA