Malossi TC UNIT O2 controller – lambda emulator

malossi TC UNIT O2
モトがインジェクション化されたことで、我々ライダーは様々な恩恵を受けています。
良いところと悪い所を比べたら、良いところの方が断然多いはずです。
しかし、O2センサを利用した噴射量の制御だけはどうもいただけません。
排ガスや燃費等の観点では大変有用ですが、走行性能という部分ではハッキリ言ってイマイチ(笑)
アイドリング付近の低回転域やスロットルオフ等で燃料を絞るので、ぎくしゃくして乗りにくい。
地味に燃料を噴いてくれないので、どうしても線の細いエンジン特性になってしまいます。
GTS300の場合、さらなる噴射絞り込みを目的とした排気デバイスは装着されていないので、そこまで顕著に現れないのかもしれませんが、スロットルのツキが悪かったり低速域でモゴモゴするのはイヤなので、O2センサキャンセラは基本ということで最初に装着します。(エアクリーナー・マフラーは変えません)
選択肢は少ないのですがMalossi様から上記のような商品がリリースされています。エミュレータと表記されてますが、まーキャンセルしてくれる商品と見て良いでしょう。
2ピンのセンサと4ピンのセンサあって、従来の300は2ピンでした。この商品は2ピンのみ対応。
未確認で買って失敗するのはイヤなので、朝イチで親方に確認して貰いました。(2ピンですwww)

This entry was posted in GTS300 Touring, Parts & Goods, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA