CODIFICA VIN

CODIFICA VIN
GTS300登録にあたり、ビギニングベスパ乗りの嗜みとしての確認事項です。英語ではVehicle Identification Numberとなりますので、車体の個体識別番号ですね。
GTS300の車台番号を見てみると・・・
ZAPM45202F0******
となっています・・・
ZAP-M45-2-02-F-0******
と区分することができます。

ZAP:ピアッジオ
M45:モデル名
2 :バリアント(変種)
02:バージョン
F :製造年
0******:シリアル
って感じになるのかな?

M45ってのがGTS300ってのは良いとして、
バリアントってのはSuperとかTouringとかそういう意味で別系を表記しているのか?←不明
バージョンはパーツメーカーのフィッティングリストなんかをみてると「00」と「02」というのが出てきますね。
製造年は「F」になるわけですが、不明(笑)
シリアルは7桁でした

うーん・・・・難しいなー聞いた方が早そうですねー
今度のツーリングの時にでもグレートベスパ様に教えてもらおう(笑)

<おまけ>
登録に必要なガス検の書類はZAPM45202F0****44で作成されています。今回上陸したTouringが20台だとすると、44~63まで連番になっているのかもしれません。書類1枚で10台なので全部は解りませんが、全部近い番号が記載されているのと、44と63は両方あります。もう1枚に残りの10台が記載されているような気がしてなりません。
今回入荷した20台のGTS300Touringでツーリングに行ってみたいwwww

This entry was posted in GTS300 Touring, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA