GTS300 洗車時の浸水

image 火曜日の野暮用終了後に洗車するってのがすっかり定着しています。
そして、洗車をする→翌日雨というパターンも定着中(笑)
まー毎週磨いてもらうから別にいーかな?って感じですが・・・
また、洗車時にレッグカバーを脱着するので、ほとんど意識することなく作業が出来ちゃうようになりました。
さて、GTS300は水洗いしています。とは言うものの施設の関係上、水を大量に使えないのでミストマシンで厳かに作業をしてくれています。
それでもGTSは結構浸水しますwwww
特にツールボックスはかなり豪快です。内蔵しているETCがしっとり濡れるぐらい(笑)
ハンドル周りのスイッチ類も防水のものは1つも無いので、これを繰り返していると経時的には良くないかもしれません。(イタリアは雨降らないのでしょうか??)
かなり少なく弱い水量でも気になるのでホースでジャブジャブ水洗いはするのはやめておいたほうがよいでしょう。高圧洗浄機は論外かな?

大事を取るのであれば水洗いはせず、ハンドの霧吹きで汚れを取ってあとはプレクサスやバリアスコートたっぷりの方が無難かもしれませんね

This entry was posted in GTS300 Touring, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA