復活の呪文

23715571136_b85ecb18a4_o オレンジ様プロデュースの「ベスパアマチュア無線計画。」
学生の頃にずっと無線屋さんでアルバイトしていた私としてはなかなか響きが良いです。
デコトラから街宣車までありとあらゆる車両に無線機やサイレンアンプを装着したり、ナンチャッテ命綱で電柱や鉄塔に登らされて1人でマッハ7のスタック等を設置させられていた(おかげですっかり高所恐怖症になりましたwww)だけに人生のこのタイミングでのリターンはなかなかセンセーショナルです。

あー話がそれました。
まずはとっくの昔に失効してしまっている局免を取得しないといけません。
すこし調べてみると、現在は失効したコールサインの再取得が簡単にできる模様。
再割り当てされてしまうと出来ないという旨の記載がありましたが、私の旧呼出符号は7Kなので再割り当て対象外でした。

再取得には旧コールサインを証明する書類を提出する必要があります。
JARL様のサイトに記載されている「証明する書類」とは・・・

1.旧コールサインが記載された、無線局免許状のコピー
2.旧コールサインが記載された「無線局事項書及び工事設計書」の写しで、各地の総合通信局の証 明印が押してある書類
3.旧コールサインが掲載された局名録のコピー
4.JARLの発行する「旧コールサイン確認書」

1~3は用意できないので、早速旧コールサイン調査依頼の書類をJARL様に送ってみました。
<参考リンク>
「旧コールサイン調査依頼書」ダウンロード

それなりに時間がかかるというお話もありましたが、中1日でお返事が来ました。はやっ!
当時、7Kコールは在日外国人への割り当てサイン(7J)との類似や、CQを出せば出したで小僧扱いされて、やれなんだかんだとOMさんに説教される(端的にはものすごく執拗にイジメラレタww)ので人気が無かったのですが、緊急避難的に発給されたコールサインなだけに今となっては再取得できないというユニークさがあります。
仮にライセンスと運用を継続していたとすれば、7Kコールは25年超ですので、OMさんと言ってもよいレベルですね(←継続してればの話ですが・・・・www)

ただの呼出符号なのでコダワル必要はないと言えば無いですが、今更JI1***等、リサイクルサインは使いたくない(笑)←わがまま風

とりあえずこの書類を元に再開局してみたいと思います。
あ、でもいまは技適番号ベースらしいので、まずはF3Eの5Wハンディ機シングルバンドで開局ですかねー

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA