PX150Euro3で高速 その7?

image
<青の写真を再利用。懐かしいなー>
お問い合わせ頂いたEuro3での高速道路走行。

結論から・・・

出来ればしない方が無難だと思います!!

フルノーマルだと4速全開で実測90km/h(メータは振り切れてます)
ビッグボックス装着+キャブレターのリセッティングでも実測97~95km/h程度です。

法定速度はともかく世の中の平均的な流れにはついて行けません。

最高速もショボいですが、そこまでの到達はもっとショボい。
4速に入れて回りきるのを待つしかありません。
一番寒いのは軽くスロットルを戻してからの再加速。
3速は使えないので、じっと回転数が上がるのを待つしか無い。
そこそこの交通量があるとあっという間に周りの車に取り囲まれてしまいます。

速度が出せない以上は後ろに下がって進路やスペースを確保するしかないのですが、周囲のほぼすべてのドライバーが2輪の性能性状に関しては不見識。しかもPXが90km/h以上は絶対出ないという事実は知るよしもありませんので、後続車には車間を詰められてしまうパターンになります。
思った以上に
・前には行けない
・後ろにも引けない
・横にも動けない
という状況に簡単に陥る(笑)

<過去のサンプル画像>

こうならないように気をつけていたにも関わらずハマりました。
写っていませんがまさかPXがこんなに遅いとは思っていない後続車にピッタリ張り付かれています。
PX的にはトンネルの手前からずっと4速全開のフケきり状態。
この時はそのまま前に抜けられましたが、ビビって後ろに下がったり、追い抜けずに並走してしまっても後続車はその状況を理解してくれませんので非常に危険な状態になっていたと思われます。

平坦な都市部の路線をちょっと乗る的なのはまだしも、長距離ライドや通勤等で毎日高速みたいな使い方には向いていないと思います。
(まー自分はやっているので説得力無いのですが、オススメはできないという事ですかね)

そもそも的な問題として、
10インチのチューブタイヤにストロークがほとんど無いヘボいサスペンション。
前後バランスの悪いボディに効かないブレーキ。
アクシデンタルな事が起きたらそれでおしまいっぽい。

私自身はEuro3で高速を使いまくっているのですが、交通事情や道路状況に天候や路面等々を鑑みるとPXは相当にハイリスクであると認識しています。

あくまで個人的な見解にはなりますが、
高速走行に関してはPCX等の国産150ccのリプレイスにはならないと思います。

そんな感じですかねー

<おまけ>
平坦な高速でもイケていませんが、
山岳路での実用性はほぼ0
東名の東京~御殿場間をたまに利用していますが、大井松田から先の右ルート・左ルート的な区間は80km/h台まで落ち込みます。
特に足柄SA手前の登りは4速が微妙になりさらに失速してしまいます。
最低制限速度を割り込んでいる可能性さえある。
終了です。

This entry was posted in PX150 Euro3, その他. Bookmark the permalink.

2 Responses to PX150Euro3で高速 その7?

  1. はじめ、高速も乗れる150ccで検討していましたが…やはり、現実的ではないのですね。
    ビビリなので煽られた時には速攻で高速降りちゃいそうです。

    • CNX41 says:

      こんにちわ!

      まー自分は頻繁に片道100kmをやっているので何の説得力もありませんが、ABSとトラクションコントロールがついたGTSと比較しただけでもイマイチかなという感じです。

      日々、高速を必ず使う人には間違ってもオススメはできませんねー。

      煽られても、4速全開のまま何もできないというのがPX
      ノーガードでボコボコに弄られてしまいます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA