鬼の居ぬ間に・・・www


VESPA GP 第4戦 桶川に参加してきました。
諸々に忙殺されて、前回の秋ヶ瀬終了後にレジアスエースへ車両を搭載したまま放置。
(しかもFSNOさん号共にコックオンのまま・・・・)
レジアスエースの鍵さえも1度も開けずに、当日そのままの状態でサーキット入り・・・

今回は、wdaさんと親方と整備長は+10kgウエイトに45秒遅れスタート
KKCEさんはマシン不調の模様
さらにどんなに頑張っても追いつけないハイレンジな皆様も軒並み御欠席

流れ的には最終戦に向けてポイントギャップを調整するスキームレースな展開です。

クイズ番組的には「最終問題の得点はさらに倍です」なシステム
接待ゴルフで言うところの「ハンディキャップがわからない方は本日フルハンデです」なシステム

これで勝てなければもう絶対に勝てない(笑)

フリー走行→予選終了時点でGPクラス3番手。
整備長等々、雲上人的な皆様はマスタークラスグリッドなので、おそらく感触を掴む的な走りだったのかと想像できます。
なんとなく通常グリッドの一番後ろになりました。

が、決勝は毎度お馴染みのブラックアウト方式なゼロスタート。
3回連続でクソなだけに自信が全く無い・・・笑

平均ラップはYNGMTさんとはほぼ同じくらいだし、
なによりもリンかけ影道編での玄武の間・・・いや、幽遊白書で言うところの戸愚呂兄弟に相当するシュガーブラザーズを攻略せねばなりません・・・

<OGTさん謹製 決勝動画>

結局、今回もスタートは全然ダメでした(笑)
余裕の最後尾にて1コーナーに進入 wwww

しかし!!

2コーナーで先頭集団に隙間を発見。
そのままシレッと滑り込んでみたらあっけなく通り抜けられた!!
そして、
ブラザース(弟)様のすぐ後ろまで追いつけました。ラッキー!!
その後、なんとなくインフィールドでクロスっぽくラインも採れて暫定1位に・・・・

あとはスキームレースの45秒マージンを逆算しながら、「9〜10周くらいは絶対に追いつかれないはず・・・」
自分に言い聞かせながらミスしないように緩めに且つ確実にラップを刻みますwww

しかし、1日1000も歩かない日が普通な体力0のおじさんなので、7周目あたりからすでに体の動きが怪しい 笑
車体の抑え込みが甘くなってきて、進入も立ち上がりもズルッと抜ける感じが目立つようになってきてしまいました。
転ぶ? 笑
そして、その頃から視界後方にマスタークラスの方々の影が見え隠れし始める。
この時点で心が折れつつも・・・
「なんとかこのまま最終ラップにいける的な???」と思った直後、
KKCNさんが突然真横にゲシュタムジャンプばりで出現。
そのままマメにされました(笑)

+45秒だし、後続車も捌いて来ないと行けないはずだから・・・って思ってたけどやっぱり全然領域がちがうーwww
(あとで動画を見ても全然勢いが違う〜)


<こちらもOGTさんから頂きました>

とは言え、GPクラス的にはそのままゴールラインを通過。
人生常に4〜6番的な位置を好む私が、1番を取りました。非常に珍しい 笑
システム的とはいえ良い順位が貰えて嬉しい限りですが、その辺を差し引いてもやっぱりサーキットは面白いですね!


<おまけ>
フリー走行で親方の後ろを走れました。
なんとなく真似して走っていたら「ブル下がる感」(ハングオフ感)を掴めました。
これを感じられないと、「パタッ→ガリガリ」ってただ単に倒して膝擦ってるだけになっちゃうから遅いんですよね。
親方はグゥゥーっと絞り込むように進入していくので、真似してると失速させないでターンインできる。すぐに忘れちゃうけど・・・・
やっぱり進入からクリップまでの旋回スピードが落とさないようにするのが今後の課題ですかねー。

<おまけ2>
15ポイント持っていたので、最終戦スタート前までは一瞬だけちょっとポジションがあがります(笑)
ボクシング的に言うと、東南アジア方面から送り込まれた噛ませ犬ポジションになんとか乗っかった状態wwww
最終戦出れるかなー・・・

This entry was posted in トラック, 50Special. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA