白糸スピードランド 2018-⑨


<今日は富士山見えない>
久しぶりに白糸へ練習に行ってきました。
先週は雨で延期。
今日も降水確率的には微妙だったんですが、最終ラウンドの筑波までと考えると今日を逃すと微妙なので決行しました。(結果的には降らなかった)


しかし、ギヤオイルの交換からスタートwwww
事前にヤットケヨ的な・・・
相変わらずのモタモタ作業。
(オヤカタは9時過ぎたから走りに行っちゃいました)

しかし!!
一見いつものように緩く覇気の無い感じで走ると見せかけて、今日は壮大なテーマを設定してきました。

それは・・・・

ステアリングを使う(一大決心!)

サーキットで約2シーズンスモールに乗ってみて、
「セルフステアではスモールは曲がらない」
という結論に達しました。
ライダーも含めて重量物は後軸に集中しています。
フロントサスペンションはダイビングが凄いし、その時のキャスター角なんかを考えてもしっかり荷重をかけたままゼロステアを保つ事は相当に難しいと思われます。

セルフステアを利用して走ると、ターンインで車体をバンクした際にステアリングは進入方向とは反対側に切れていきます。重心移動で車体はコーナー方向へ進みますが、ステアリングはそっぽを向いたまま。体を入れたり膝を擦ったりしても挙動的には「どアンダー」になる。
スロットルは開けられない上にターニングアーチも大きくなってしまいます。

ステアリング操作を入れることで、ググッと切れ込むようなコーナーリングにする事を目標としながら、綺麗なライントレースを意識する事にしました。
一応、オヤカタに新走法をする旨を宣言してからコースイン。
数周試しながら積極的にステアリング操作を入れていく走り方に変更しました。
名称未設定-1
上手くいきました。
ベストラップ更新。
(46.552→46.243)
今の仕様ではコンマ8がベストだったから刻めた感じ。
なによりも定常ラップが46秒台でほぼ固定されました。
こっちが良かった!!
しかもギリギリイッタ感じじゃ無くて、普通に回って出るし、恐怖心がないのが素晴らしい。
オヤカタに追われても、追っかけてもほとんど差が出ないっぽい。
(今日はオヤカタ不調)
ちょっと追いつけたり離したりする事も出来ちゃいました。
凄いことだ~~~
130ラップしていましたが、46秒台が50回以上ある。コースインコースアウトやタイヤを温めているラップを除けば、半分くらいはそのまま回れてる感じ。
ブレイクスルーな練習日でした。

「まーまー速いほうだよね」となる45秒台がうっすらと見えてきたか?(笑)

<おまけ>
IMG_0157
机上の考えを実現可能としたのはコイツ
やってみたらホントに効果絶大だった。
ベースラップタイムが0.5~1.0秒ちかく「ポン!」と上がりました。

業務連絡
FSNOさん、オヤカタはすでに使う事を決めました(笑)

This entry was posted in トラック, 50Special. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA