knipex その1


<スタンドに立てた>
knipexを揃えています。
事の始まりは、スモールのエンジン整備です。
ドライブシャフトまでやるためにはスナップリングプライヤーが必要。
親方に伺うと、この辺りの工具はちゃんとしたやつであるべきとの事でした。
エンジンパーツを触るという観点からもプロユースとしてお店で使ってるものを模倣するのが望ましいかな?的な流れです。
で、一先ずスナップリングプライヤーから始めたわけですが、一緒に買ったプライヤスタンドが10本、工具箱的にはあと5~6本立てられる。
並べてみたくなっちゃって毎日1本ずつ買ってます。
当初の目的はどこかに消えて、用途の有無に関わらず集める事が大事になっちゃってる(笑)


<このコブラがとても便利>
グリップに型番がプリントされていますが、お店のやつはほとんど消えて見えなくなってしまっています。
同じやつをダブりで買ったりはしなそうですが、一応念のため備忘録しておきたいと思います。
49 11 A1(軸用精密スナップリングプライヤ)
49 11 A2(軸用精密スナップリングプライヤ)
48 11 J1(穴用精密スナップリングプライヤ)
48 11 J2(穴用精密スナップリングプライヤ)
88 01 180(Alligator® ウォーターポンププライヤー)
87 01 125(Cobra® ハイテク・ウォーターポンププライヤー)
26 11 200(カッター付き平丸型プライヤー)
74 01 160(強力型斜ニッパー)
03 01 180(ペンチ)
特にスナップリングプライヤは型番が48と49で始まるものが軸とチップがknipexらしいタイプ。44と46はスタンダードグレードになる。値段に飛びついて間違えないようにしないといけません。
実際に必要なのは、長いスナップリングプライヤーとコブラシリーズのサイズ違いぐらいかな?
工具箱に並べたい一心で無駄なものを買いそうだwww

<おまけ>
細長なアッセンブリープライヤーなんかも欲しいですが、1本6000円~7000円ぐらいが下限。10000円超えるものあるから10本とかって考えると悩ましいなー。

This entry was posted in 工具. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA