Author Archives: CNX41

2018 VespaGP忘年会


<日本橋蛎殻町にて>
昨日はVespaGPの忘年会に参加させて頂きました。
今年は10周年なんですねー


<食べちゃって飲んじゃってからからの乾杯は良い!!>
日本式?イタリア式?厳かに始まりました(笑)
あんまりベスパの話はしなかったような気もしますが楽しかったですねーwww


パーソナルベスト賞を頂きましたー
初年度だから5戦全部がベスト(笑)
毎年貰えると良いですねー


<かっちょいい写真がチョイスされてました>
そしてシリーズ通算のランキングは3位。
うっかり3位なので大変恐縮しています。
皆勤賞が効いたなー(笑)
ルーキーイヤーでポジションを頂いたのは出来すぎでした。
うれしいなーwww
来シーズンはしっかり3位的なレースが出来るように頑張りたいと思います。

始めてGPを見たのはおやかたのデビュー戦。
「こんなの怖くて出来ないよー」が第1印象でしたがやってみるとしっかり楽しめました。

2018シーズンは終了。
皆様いろいろとお世話になりました!!
次シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。

<おまけ>

1位 おやかた
2位 整備長
3位 私
と、結果的にはお店でポジションが全部埋まる感じになりました。
2位と3位のポイント差は大きいのですが、コレはコレでなかなかの仕上がりですよねー。
ウワサだと来シーズンはさらにエントリー車両が増える模様。
呼び名だけでもAチームBチームCチーム的な分割が必要か?(笑)

<おまけ2>
毎年12月8日は通常業務に加えて大東亜系の儀式もあるのでなかなかの過密スケジュール。ですが、結果的には日付変更間際まで2310君とOGTさんとトマトハイでだらだら飲めました。
あとはお店の忘年会だー(コレは22日だったかな?)

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ VespaGP | コメントを残す

SND 2019


<OGTさん写真ありがとうございます!>
2018シリーズが終わり、第1戦までオフシーズンに入ります。

公私混同でタダ乗りした某社の最新機器での計測上、私のスペック(身長・体重・年齢・筋量・骨量等々・・・)だと、体重は0.685SNDであるべきと表示されました。

今年は2月くらいから低SND化を始めて、
0.83辺りから第2戦茂原の時点で0.72まで落としました。
しかし、実際には体重減少とサーキットでの仕上がりに相関が見られないwww
なんとなくそんな言い訳で面倒くさくなってコントロールをやめてしまい、
現在は無事0.8を超えて元に戻りつつあります(笑)

スタミナ的な観点からもデブは確実に不利なはずなのでそろそろ低SND化2019を始めることにします。
年末から少しだけ閑期に入りますので早めに始めて見ようかと思っています。

-0.15SNDかー・・・・

できるのかなー(笑)

<おまけ>
FSNOさんはSTM(スタミナ太郎メソッド)を継続してレートアップを継続的に抑制中しているみたいです。凄いよなー

<おまけ2>
2018シーズンはSND-CNXの変換比率は(1:0.73)ぐらいだったのですが、最近はSNDレートが下がって来ているというウワサです。
(0.9:0.8)とかだと計算が面倒くさいなー 笑
オレンジ様減らさないデー

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ SND問題 | コメントを残す

白糸スピードランド 2018-⑩


ポストする事を忘れてた。
いまさらですが、GP直前の火曜日にも白糸に行ってました(笑)
回数を記録する関係上、後出しします。


<5秒台には入らなかったwww>
その前の週がなかなか良い感じだっただけにいろいろ頭に浮かんでしまったようです。
GPの前って事もあって空回り風www
まーこんなもんかなー・・・・

ラップタイムには反映されませんでしたが、乗り方は変わってきた。
タイヤの感じからも、

<フロントタイヤ>
端まで行ってしまってるのが相変わらず残念な感じですが、手前のなんとなくそれっぽいところを使っている風な形になってきた。良い傾向です。


<リヤタイヤ>
やっぱり端までイッてしまって下手っぴ感が溢れているものの、リヤもそれらしきところを押しつけている風な形になっているっぽい。

ライディングは人それぞれですが、ワンメイクレースって事を考えると基本的な姿勢や動作としてはある程度集約されて何タイプかに分類出来るはず。
レース中走りながらもそうなんですが、日々動画を垂れ流して自分でもコピーできそうな速い人の乗り方を勉強中。
筑波の感覚が抜けないうちにその辺も含めて練習に行かないと!!

<おまけ>
最近は夢でバイクに乗っていてもハンドチェンジwww
左手が動く(笑)
普通のバイクに乗るけど、左手動かして「シフトチェンジ出来なーい!!」って狼狽えながらハッとして目が覚めるなんて事もありました。

起きていても、若い子に向かって左手首のスナップを効かせながら「どう?最近乗ってる?」ってやっているようで、
「あのおっさんバイク好きって言ってるけど左手ウゴカシテンヨー」
「バイクのスロットルって右だから・・・誰か教えてやれよー」
「大型乗ってるとか言ってたけど一周回ってむしろ無免って感じじゃねwww」
と、インチキライダー説が蔓延する始末。

どうやってオチを着けるかを思案中です。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ トラック, 50Special | コメントを残す

VespaGP 2018 第5戦 TSUKUBA1000


最終戦となるVespaGP第5戦TSUKUBA1000にエントリーしてきました。
筑波サーキットは微妙に遠いなー(笑)


新しいタイヤで臨む!!
(交換は自分で30%ぐらいは出来たかもwww)

 

 

 

なぜかというと・・・・

 

 

 


<これが問題の10kgウエイト>
前回の桶川でシステム麻雀的に1位にさせていただいたので、今回は重りが付きます。
(+20秒遅れスタート)
セーフティマージンの確保という意味も含め、タイヤだけでも的な感じです。

装着後またがっただけで相当な違和感・・・・
実際に走ってみると遅い!!そして車体が抑えられずにどんどん外へ逃げていく。
思い切って倒してみるとあるところからグラッとwww
コントロールが思った以上に難しい
「怖いよーwww」
もちろんタイムは振るわず。
記念参加のつもりで来ているとはいえ、やっぱりそれなりには走ってみたい。
なのですが、重りが車体挙動に及ぼす影響は想像以上でした。あーびっくりしたー
ま、今後重りを使う事も無いでしょうからこれもそういう意味ではこれも記念かもしれません。


初めてのTSUKUBA1000。
距離感もスピード感も上手く掴めない。
やっぱりベスパで高速コースを走ることに慣れていない。
4速に入れると体感したことの無い車体の挙動が気になる(笑)
そしてビビって厳かに走るので、タイムはもちろんでないwww
決勝を走り出してようやくもっとバリッとスロットルを空けて荷重を懸けた方が安心なことに気がつきました。
5コーナーを立ち上がってからぐるっと3コーナーの進入までほとんど全開のまま回れないと遅い感じになる。(←まだ出来ないwww)
レイアウト覚えたし、次回はもっとバリッと走ってみたいなー


<もちろんリヤも換えましたwww>
これで1シーズンが終了。
当初の目標である「5戦すべてに参加する」は達成できました。
なんとなくポイントもゲットして、なんとなくランクも付いた。
しかし、まだまだレースというにはほど遠いので、出来ればもう少し頑張りたいところではあります(笑)
(サクッと集団から振り切られてしまうのでいつも練習走行風なのはイケてない)

車輌も含めてオフシーズンの間に備えておきたいですねー

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ トラック, 50Special | コメントを残す

BATTLAX BT-39SS Mini

最近は少しずつ乗り方も把握できるようになったので、タイヤにも注目したいと思います。
(あ、スモールの話ですwwww)
BT39SS
今まで使ったことがあるのはIRC MBR-740 DIX RR
90/90-10(アウター418mm トレッド90mm)
3.00-10(アウター409mm トレッド86mm)
の2種類。
3.00と90のサイズ差は(+9mm +4mm)となります。
(90/90の方が大きい)

注目とは言っても10インチなだけに選択肢は限られます。

例によって机上の妄想からスタート。
フロント:幅を拡げずに外周を大きく
リヤ:外周を大きく←(幅の拡大は気にしない)
したい。

特にフロントは細くしたいぐらいの勢い(笑)

現状、簡便に入手出来るラインナップを一覧にしてみます。
BATTLAX BT-39SS Mini
3.00-10 YCX(416mm 84mm) YCY(415mm 82mm)
90/90-10(416mm 90mm)
3.50-10 YCX(439mm 97mm)YCY(439mm 97mm)

MBR-740 DIX RR
3.00-10 (409mm 86mm)
90/90-10 (418mm 90mm)←今はこれ
3.50-10 (433mm 95mm)

外径が一番大きいのは3.50-10。
IRCが433mmで+15mm
BSが439mmで+21mm
IRCは大丈夫だけど、BSは収まらないらしい。
(IRCでもエンジンケース切削等の加工が必要)
どっちにしても幅が10mm拡大してしまうので使うとしても私の技量ではリヤだけっぽい。

幅が一番細いのは3.00-10のYCY
82mm(今より-8mm)
外周が小さくなってしまいますが、BSだと今の-2mm。

後は、ロードインデックス
3.00が42(150kg)
90/90と3.50だと50(190kg)51(195kg)
になる。
タイヤ自体の剛性が上がるはずなので荷重・抜重時の変形差も少なくなる???のも良さそう。

リヤの3.50化は今後の予定にしておくとして、
フロント:YCY 3.00-10(415mm 82mm)
リヤ:YCY90/90-10(416mm 90mm)
の組合せをまずは試してみようかと思います。

外径はフロントが-1mm
外径が1mm小さければ周長差は3.14mm。どのぐらいから前後の回転差を体感できるのかは不明ですが、方向的にはリヤが出てくる感じになる。(90/と3.50だと50mm以上の周長差になる)
荷重懸けやすくなるかな???
(製品自体にどのくらい差があるのかは解りませんけど・・・)

それからトレッド。
YCY 3.00-10は82mmと簡便に入手出来る製品としては一番細い。
2輪のフロントタイヤは、入力荷重を支えられる適切な細さがポイントかなと考えています。(太さではなく細さ)
スクーター形状なスモールはフロントタイヤに適切な荷重を懸けて、かつそれを維持して走るのはかなり難しい。
細い方が荷重維持しやすそうなのと、体感的にタイヤを潰しているのがわかりやすいのかな・・・と

<おまけ>
10インチのままサイズアップしていくとプロファイルも高くなる。たわみ量も多くなるでしょうから挙動的にはダルな方向になるはず。
その辺も含めて操作できる上手な方々は外径拡大のメリットを活かせそうですが、解っていないとただのオーバーサイズタイヤになってしまいそう。
ここから先へ行くには、フロントタイヤを上手く使えるようにならないとダメっぽいので練習的な意味合いも含めて使ってみようと思っています。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 50Special, Parts & Goods | コメントを残す