カテゴリ Parts & Goods

rolykit

オヤカタから貰いました。
image
rollからのrolyかな?
転がる的な?wwww(←大好きな○○的な)
で、kitは道具箱だから「転がる的な道具箱」ですかね。

image
形状は六角形

image
ラッチを外すと・・・
海苔巻き巻き戻しバージョンで収納スペースが現れます
イケてます(笑)

image
全展開。
使いやすいか使いにくいかは関係なく、このギミックが素晴らしい。
あまりにも素晴らしすぎて現状何を入れて良いのかがよく解らない・・・(笑)
でも車載しているだけで満足。
何も入ってないけどピットで拡げてみてさらに大満足www
イケてるよ(笑)

image
絶妙なコンパクト感もかわいくて良いです。

image
こういうオーソドックスなタイプも機能的で使いやすいとは思うのですが、ベスパっぽくないんですよね。
Rolykitは、ポンコツ・・・いや・・・アンティック感が車輌とマッチしていてかわいい。

ちなみにおやかたはこの家型風のタイプを使っています。
最初にお店に転がっているのを発見したときにはシビれました。
で、「これ何?」って聞いたら工具箱だって!!もっとシビれた。
rolykit
シリーズでは一番大きいサイズ。
ヘキサゴン+ベースな構成になっています。

rolykit
こんな感じで開くことが出来る。
「ポン」と放り込んでおける工具類はこのベース部分を使うのが便利そう。

<おまけ2>
image
サイトを検索してみると
ネーデルランドだからオランダですね。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ Parts & Goods, 工具 | コメントを残す

SENA 30K その2

image
<30Kでメッシュコネクトに20Sも一緒に入れます←便利>
-超多忙&心が苦しくて更新できないため下書きコレクションをポストwww-
前々回のツーリングから導入されたSENA 30K。
オレンジ様は自身のフレーム修正も完了して戦線復帰しましたので、常時4台体制。
この間のツーリングでは2310君も30K投入したので5台。
加えて、実験的に20Sを1台ブル下げてメッシュに同時参加出来るようにして合計6台で運用開始。

メッシュモードでの接続方法も理解できたので、休憩等で接続断になってもサクッと再接続が可能になりました。
(少し再現性の無い接続エラーが出ましたが、おおよその挙動は特定できた気がします)
一度繋がってしまえば、誰が前でも後ろでもお互いの位置は気にせずに使えます。
(20Sの場合は、ハブになる端末が前後的に良い位置にいないと通信できない)

そして、かなり「おー!!」って思うのは通信可能距離。
峠道等でかなり単独先行してもなかなか通話が切れません。
で、一旦切断してもつづら折りで上下間に距離が近づくと再接続してくれるので、実用的な通信可能距離がかなり拡がりました。
先に行って動画撮る時なんかも、メッシュが近づいてくると再接続されるのでタイミングを逃さない(笑)

グループトーク機能っていうのはかなり前からインカムの標準機能として掲げられていますが、実用的には「も、できます」ぐらいのスタンスで「出来る!」っていう感じではありませんでした。
30Kのメッシュコネクトはこの辺りをブレイクスルーしたと言えます。
メッチャ便利。

「グループトークが絶対に必要!!」っていうライダーの絶対数は少ないとは思いますが、ツーリング等で定期的にまとまって移動するのであればライディングの楽しさや便利さが何倍にも拡がる事は間違いないかと思われます。

現状、30Kのツインパックが4箱で8台あるのかな?(ってオレンジ様が言っていた気がします)全部つなげば8台のメッシュが作成できる。このメッシュでいつも通りの隊列で走ったときの電界強度がどのくらい取れるのかってのにはとても興味があります。(それぞれの30Kに20Sをブル下げて全員で話すってのもやってみたいwww)

<おまけ>
と、良いことばかりのポストですが、気になることもあります。
バッテリーの持続時間。
初回と2回目は休憩時に全端末を充電していたので気がつきませんでしたが、前回は中途充電しなかったらブルー様の端末がバッテリーローでシャットダウンしました。
20Sはまるまる1日使えていたので、メッシュコネクトや通話品質の代償的な感じですかね。
もっとも20分の充電で3時間メッシュコネクトが出来る急速充電モードがあるので、休憩時間に都度充電する習慣が付けば実用上は問題ない感じですかね。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ Parts & Goods | コメントを残す

24 2094 BOX for JETS


マロッシのジェットケースです。(オレンジ様謹製←ありがとうございます!!)
一度大枠が決まってしまえば頻繁に交換する感じでは無いものの、レースをやる以上はコースやコンディションに合わせて詰めてセッティングしていきたい。


6×4の24ホール
ジェットホルダーが2段構造になっているのでパイロットもメインどちらでも差し込めるようになっています。便利そう。

あとは、挿したジェットの番手を裸眼で確認できるかだなー・・・

Malossi JETBOX
<おまけ>
こんな感じでスタックできるっぽいですね。
現状PHBL用のパイロットとメインだけなのでなので、重ねておいた方が間違えなさそう。
早速やってみよう!!

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 50Special, Parts & Goods | コメントを残す

M7-1.0

image
<アストロプロダクツ製パーツボックス>
ベスパ・ M7って検索すると、「ベスパに乗る以上は常識でしょ」ってのがヒットしましたwww
常識らしい・・・
ということで、
ベスパにはM7-1.0という規格のシックネスとピッチのスクリュー使われています。
しかし・・・
これ、日本では普通には売ってない(笑)

ちょっと試してみたい事があって何個かナットが欲しかったのですが、10個と100個がほぼ同価格というオチで大量購入しました。使いたいのは6個とかなので大杉www
もう一生M7のナットとワッシャーには困らない(笑)

<おまけ>
偶然「ねじ」とか「ネジ」とか「螺子」って看板が出ている下町のネジ問屋さんに囲まれているところに毎週行くので、尋ねるも「少ない本数を何種類か欲しいなら作るのが一番安いかもよ」って言われました。
ISO規格なので製品が無いわけでは無いそうですが、1000本とか(笑)
驚くような値段ではないのですが、30mm×1000本・35mm×1000本・40mm×1000本・・・・・・とか要らねーしwww
5種類長さ頼んだら5000本(笑)
業者かっ!!

<おまけ2>
米軍のベース付近のホームセンターにはインチのボルトナットがズラッならんでる。
mm規格の棚よりも大規模。
小さいサイズだけじゃなく船舶や大型機械向けと思わしき巨大なものまでびっちりラインナップされています。
ということは・・・
イタリア軍が来ればM7-1.0普通に買えるって事ですね。
イタリア軍の人、占領希望(笑)
(海軍はマリーナミリターレとか言うのだろうか・・・?)

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ Parts & Goods, メインテナンス | コメントを残す

SENA 30K


<DUALパックが2つ登場!!>
アクセスログ上で上位を独占しているSENA 20Sのポスト。
ツーリングアイテムとして欠かせないインカムですが、ハイエンドモデルのインカムの中でも頭一つ抜きん出る存在です。
お店には未開封未使用の20Sが何台かありますが、昨年末にさらに上位機種となるSENA 30Kがリリースされました。国内正規品は2月とか3月辺りがファーストロットだったのかな?


早めのタイミングでオレンジ様謹製30Kが降臨!!
おーかっちょえーwww


一先ず、充電と最新版ファームウェアに更新。
30K最大の特徴は2017-2018シーズンのトレンドともいえるメッシュコネクト。
複数台を順列の無いネットワークでリンクして使用できる。
一度設定してしまえば、互いの位置を意識すること無く通話することができます。
信号等で通信が切れてしまっても誰かと通信が可能になると自動で再接続されます。
チョー便利。


<2005年のポンコツに最新型インカム>
ジェットヘルは今回からブームタイプのマイクを装着してみました。


<2010年のポンコツに最新型インカム>
フルフェイスは従前通りワイヤマイクを装着。

クレイドルは20Sと共用なので、すでに20Sを使用している場合は本体を入れ替えるだけ。
一応・・・と思ってクレイドルを比較してみるとマイク端子にロック機構が付いていました。20Sで使用しているクレイドルのマイク端子はピンジャックに差し込むだけなの使用しているうちに抜けてしまったり、ジャック部分に応力が掛かってしまい耐久性に不安がありました。
(実際に旧型を外してみたら、全部ジャック部分が変形してました)
せっかくなので、クレイドルは全員交換しました!

さて、早速明日使ってみることにします。

<おまけ>
以前は2台で1万円台のインカムを使っていました。
「これで十分でしょ!」と嘯いていましたが、ハイエンドを一度使ってしまうともう無理(笑)
通信の安定や音質も全然違うし、マルチチャンネルなのでインカムしながら電話しながら音楽を聴きながらナビやレーダーの音声を重ねる等、ツーリング等での長時間使用にも不安が無い。バッテリの持ちも全然違うしね。
また、スイッチ類のクオリティも高くて走行しながらのオペレーションもわかりやすいし、完全防水なので天候等も気にしなくて良い。
私はほぼ毎日使っているせいか廉価な製品はすぐにコネクタやスイッチが壊れます。イケてない。

<おまけ2>
私の知っているかぎりですが、SENAとCardoの製品はダントツ。
値段は同じレンジですが、自称メジャーを名乗っているところのハイエンドとは全然違う。
Cardoも間もなくメッシュコネクトの端末が国内に流通し始めます。
ブレイクスルー的な機能だけに今後が楽しみですねー

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ Parts & Goods | コメントを残す