カテゴリ Parts & Goods

L.L. Bean Solid Boat and Tote


<緑でも良かったカモ>
ベスパには関係ありませんが、今シーズンはこのアイテムからwww
ソリッド・ボート・アンド・トートのラージサイズ
氷を運ぶためのバッグとして作られたそうで、基本デザインは1944年から変わっていないそうです。
オヤカタが愛用していらっしゃいますが、お値段が高杉で手が出ない

年末にとある路面店を冷やかすと・・・
刺繍がお得的+バッグ自体も安い
ってのを発見。

ゼッケン44を刺繍して貰いました。
サーキットで衣類なんかをポンと放り込む用に常時レジアスエースにブル下げておこうかと思います。

<おまけ>
レジアスエースはサーキットに行く以外に使っていないため、車内は完全に倉庫代わり。
広いはずの荷室は未開封の段ボールが山積み(笑)
よく使う物は区別して埋もれないようにしておかないといけません。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ Parts & Goods | コメントを残す

BATTLAX BT-39SS Mini

最近は少しずつ乗り方も把握できるようになったので、タイヤにも注目したいと思います。
(あ、スモールの話ですwwww)
BT39SS
今まで使ったことがあるのはIRC MBR-740 DIX RR
90/90-10(アウター418mm トレッド90mm)
3.00-10(アウター409mm トレッド86mm)
の2種類。
3.00と90のサイズ差は(+9mm +4mm)となります。
(90/90の方が大きい)

注目とは言っても10インチなだけに選択肢は限られます。

例によって机上の妄想からスタート。
フロント:幅を拡げずに外周を大きく
リヤ:外周を大きく←(幅の拡大は気にしない)
したい。

特にフロントは細くしたいぐらいの勢い(笑)

現状、簡便に入手出来るラインナップを一覧にしてみます。
BATTLAX BT-39SS Mini
3.00-10 YCX(416mm 84mm) YCY(415mm 82mm)
90/90-10(416mm 90mm)
3.50-10 YCX(439mm 97mm)YCY(439mm 97mm)

MBR-740 DIX RR
3.00-10 (409mm 86mm)
90/90-10 (418mm 90mm)←今はこれ
3.50-10 (433mm 95mm)

外径が一番大きいのは3.50-10。
IRCが433mmで+15mm
BSが439mmで+21mm
IRCは大丈夫だけど、BSは収まらないらしい。
(IRCでもエンジンケース切削等の加工が必要)
どっちにしても幅が10mm拡大してしまうので使うとしても私の技量ではリヤだけっぽい。

幅が一番細いのは3.00-10のYCY
82mm(今より-8mm)
外周が小さくなってしまいますが、BSだと今の-2mm。

後は、ロードインデックス
3.00が42(150kg)
90/90と3.50だと50(190kg)51(195kg)
になる。
タイヤ自体の剛性が上がるはずなので荷重・抜重時の変形差も少なくなる???のも良さそう。

リヤの3.50化は今後の予定にしておくとして、
フロント:YCY 3.00-10(415mm 82mm)
リヤ:YCY90/90-10(416mm 90mm)
の組合せをまずは試してみようかと思います。

外径はフロントが-1mm
外径が1mm小さければ周長差は3.14mm。どのぐらいから前後の回転差を体感できるのかは不明ですが、方向的にはリヤが出てくる感じになる。(90/と3.50だと50mm以上の周長差になる)
荷重懸けやすくなるかな???
(製品自体にどのくらい差があるのかは解りませんけど・・・)

それからトレッド。
YCY 3.00-10は82mmと簡便に入手出来る製品としては一番細い。
2輪のフロントタイヤは、入力荷重を支えられる適切な細さがポイントかなと考えています。(太さではなく細さ)
スクーター形状なスモールはフロントタイヤに適切な荷重を懸けて、かつそれを維持して走るのはかなり難しい。
細い方が荷重維持しやすそうなのと、体感的にタイヤを潰しているのがわかりやすいのかな・・・と

<おまけ>
10インチのままサイズアップしていくとプロファイルも高くなる。たわみ量も多くなるでしょうから挙動的にはダルな方向になるはず。
その辺も含めて操作できる上手な方々は外径拡大のメリットを活かせそうですが、解っていないとただのオーバーサイズタイヤになってしまいそう。
ここから先へ行くには、フロントタイヤを上手く使えるようにならないとダメっぽいので練習的な意味合いも含めて使ってみようと思っています。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 50Special, Parts & Goods | コメントを残す

KYK 90-005

ついにオイルジョッキも用意(笑)
オイルジョッキ2
古河薬品工業社製のポリジョッキ5リットル。
1リットルのオイルジョッキでちまちまと継ぎ足していましたが、やっぱりめんどくさい。
走り出しの時は4リットルとか5リットル作ってザブッと給油するのがラクっぽい。
FSNOさんが園芸用の混合タンク(安全混合器)を持ってきてくれます。ジョッキよりもしっかり混ぜる事ができますが、オイル缶の消費を振り返ると地味に量が合っていない気がします(気がするだけですwww)

念のためメジャーカップで混合してみようかなと・・・

<おまけ>
スモールは50:1がスタンダード。
30:1だとおおよそ1.5倍入れれば良いということになりますね。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ トラック, 50Special, Parts & Goods | コメントを残す

オイラー

オイラー
今更ですが、ギヤオイルの交換用に購入。

いままでは100円ショップで108円のドレッシング用のボトルを使っていました。
R0016789
(↑これwww)
PXでもまーまー使いにくいんですが、スモールはもっと使いにくい。


こんな感じでしっかりノズルが長くないとオイルが入れにくい。
「まー108円だから我慢我慢」って思ってたらこれも192円だった(笑)
↑価格が大事です!!


サイズバリエーションは豊富です。
250~300mlの使用量ですので、400mlのタイプにしました。
お店に行く時間がホントに無いので、車載しておいて出走前に交換できるように車載しておこうかなーって・・・

<おまけ>

地味に無いと困るドレンパッキン。
サイズ的にも素材的にもNAPS等では入手出来ません(笑)
1パケ5回分。推定末端価格は数百円wwww

<おまけ2>

100円台とお安かったオイラーですが、Amazonでの最低購入数は2個でした。
FSNOさんにあげよーっと(すでに持ってるかなー?)

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 50Special, PX150 Euro3, Parts & Goods, メインテナンス | コメントを残す

rolykit

オヤカタから貰いました。
image
rollからのrolyかな?
転がる的な?wwww(←大好きな○○的な)
で、kitは道具箱だから「転がる的な道具箱」ですかね。

image
形状は六角形

image
ラッチを外すと・・・
海苔巻き巻き戻しバージョンで収納スペースが現れます
イケてます(笑)

image
全展開。
使いやすいか使いにくいかは関係なく、このギミックが素晴らしい。
あまりにも素晴らしすぎて現状何を入れて良いのかがよく解らない・・・(笑)
でも車載しているだけで満足。
何も入ってないけどピットで拡げてみてさらに大満足www
イケてるよ(笑)

image
絶妙なコンパクト感もかわいくて良いです。

image
こういうオーソドックスなタイプも機能的で使いやすいとは思うのですが、ベスパっぽくないんですよね。
Rolykitは、ポンコツ・・・いや・・・アンティック感が車輌とマッチしていてかわいい。

ちなみにおやかたはこの家型風のタイプを使っています。
最初にお店に転がっているのを発見したときにはシビれました。
で、「これ何?」って聞いたら工具箱だって!!もっとシビれた。
rolykit
シリーズでは一番大きいサイズ。
ヘキサゴン+ベースな構成になっています。

rolykit
こんな感じで開くことが出来る。
「ポン」と放り込んでおける工具類はこのベース部分を使うのが便利そう。

<おまけ2>
image
サイトを検索してみると
ネーデルランドだからオランダですね。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ Parts & Goods, 工具 | コメントを残す