スモールニノッタ(2台目のベスパ その2)

18426391713_d178246ebb_o<奥に青のPX150Euro3が!>
本日はベスパ屋さんの親方のご厚意でスモールに乗らせていただきました。
-125Primavera ET3-
初心者ですので、系譜的な知識は全くありません。が、スモールと総称されるヴィンテージシリーズの中では最大排気量で、ミッションが4速で、本国生産終了後も日本だけ再生産されて販売が継続されていた事は解りました。2000年前後が最終モデルイヤーとの事ですので、それでも15年前の車両になるわけですねー

というわけで、初めてのスモールだったわけですが・・・・
これは面白いです!
乗り出しの軽快感が小気味よくてびっくりしました。
軽量コンパクトなフレームは取り回しも良く、動きもシャープです。
ライドポジションが低く、路面とのダイレクト感がラージとは全然違います。
エンジンは吸排気系がライトチューンされていましたが、想像以上にパワフルです。
フケもよく、ツキもよくなんで思わずニヤッとしてしまう感じでした。
ウィキペディアをみてみると1976年〜となっていますので自分の年齢と殆ど変わらないんです。凄いなー
Euro3のダルなエンジンとゆったりとした動きをするフレームのイメージを固定概念として持っていただけにホントに驚きました。
(125とか100という数字からも重い国産スクータのイメージを勝手に重ねていました)

軽量で小柄なフレームにハイパワーなエンジンでこのスタイル・・・代わりはないですね(笑)

ラージもスモールもどちらも「ベスパ」な訳ですが、ある意味現代の潮流に迎合したEuro3とのファーストコンタクトよりも衝撃的な出会いになりました。
「結局もう1台は300とか250とかですかねー?」とベスパ屋さんの親方に尋ねた(呑みながらですがwww)時に、即答で「スモールじゃないですか!」とアドバイスいただきました。乗った瞬間に「なるほどね!」と・・・・

先日のポストでは机上で候補から外してしまいましたが、そういうわけにはいかなくなりました。スモールは持っておかないと(笑)
「スモールに乗らずはベスパ乗りにあらず」ってのは言い過ぎかもしれませんがそのくらいインパクトがありました。
親方一つよろしくお願いいたしますwww

<オマケ>
と、かなり熱っぽくベスパ屋さんをEuro3に乗ってあとにしたのですが、乗り比べて見ると、「こちらも改めて良いなー」と陶酔しながら帰りました。(こうやって皆さん増車していくんですねーwwww)

This entry was posted in vespa. Bookmark the permalink.

0 Responses to スモールニノッタ(2台目のベスパ その2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA