500km経過

image
<あ、またウインカー付けっぱなしだwwwww>
月曜日に500kmを超えました。週末に1回目のオイル交換ですかねー
フラッシングを兼ねて早めに行います。900km弱でピットイン予定です。
Euro3のようなファーストコンタクト時のインパクトはありませんが、GTSもなかなか良いです。
とりあえずの所感は・・・

1.ボディはコンパクト
同クラスの日本ブランド車より全長は20cm前後短いです。
そしてサイズ差の殆どはホイールベースに反映されています。(17〜18cm)
車体重量はそれなりなのでプリマベラやスプリントの感覚ではありませんが、取り回しを含めて非常にラクチンです。
若い子が乗っているフォルツァを少し触らせて貰いましたが、それに比べればGTSはチャリンコみたいなもんでしょうか(笑)
低速走行や小回りが求められる狭小路なんかでは、大きなメリットになると思われますし、スポーツ走行風に使っても小気味よさが得られるでしょう。

2.足つきは少し気になります
走行時の操作性を考えるとシート高はしっかりとなければならないので良い事だと思います。
GTSのシートは高い&幅広です。シート高は国内ブランドと比べて逆に7〜8cm高いです。
スクータータイプのボディの割には足つきは良くない(笑)
やはり市街地走行時には足つきが悪いと使いにくいかなーと・・・
私自身は「ちょっと高いなー」と思う程度ですので標準的な体格のライダーであれば問題は無いと思います。
車輌選定時の確認事項に「足つき」を留意している方は正直キビシイかもー

3.燃費とレンジは理想的です。
現状、平均燃費は28〜29km/lです。8リッター使ったとして、250kmは確実に走行できる感じでしょうか?
高速道路等の定常走行では、300kmもいけそうです。
P・PXはガソリン補給のタイミングを常に気にしていなければいけなかったので、とてもラクチンです。

4.パワーはそこそこだが十分風
278ccの小排気量エンジンなので、絶対的なパフォーマンスは「こんな感じなのかぁー」ってのが本音です。
とはいうものの、高速道路を含めて公道での走行性能として見た場合、過不足の無いものでしょう。
パワフルさを求めるのであれば600cc超の車輌を選べば良いので、GTS300(278)のパッケージングはイマドキ風でなかなか秀逸なのでは?と思えてきたりしています。
全開にすれば時間はかかりますが、針はそれなりの数字を指してくれますしね・・・
まーイマドキ400ccのギヤ付きフルサイズフレームを弄くり倒しているのは少数派でしょうから、むしろ前時代的なオジサンが世の中の流れにようやく気がついた的な感も否めませけどね(笑)

5.シートはちょっとイマイチ・・・
これは個人的にな問題ですが、シートとの相性は良くない模様です。
しばらく乗ってるとおしりが痛くなる(笑)
Euro3のシートは全然平気なので、気になります。
もう少し乗り込んでみてってところですが、100km超辺りから「うーん・・・」って感じで、モゾモゾしてしまいます。

とりあえずこのくらいでしょうかねー
思い出したり思いついたら追記します。

This entry was posted in GTS300 Touring, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA