GTS300 Touring納車整備 <その4>

image
さーいよいよ納車整備も4回目です。開店と同時に入庫しますwwww
今回は写真撮影以外、邪魔する事も無く作業が着々と進みます。

image
まずはオイル交換。納車整備を完了させずにズルズルと900km弱乗ってしまいました。エレメントとオイルの両方を交換します。初回交換と異なり、オイルの色や性状ともに気になるところはありませんでした。

image
続いてブレーキフルード。
リザーバータンクカバーを丁寧に養生して・・・

gts-300
GTSではうっかりやってしまいそうな感のあるタンク周辺も念入りに養生した後、交換作業へ・・・

image
そして、いよいよ仕上げってことで、クーラントの交換。

image
ガミラス星人の血液のような液体を素手で絞り出す親方。(あ、ガミラス星人の血液は紫色か?www)
クーラントに関してはその性状や寿命を鑑みると「交換する?しない?」的なモノであるような気もしますが、「必ず状態を確認して交換する」という親方のプロ意識はさすがだと思います。

計4回に渡って納車整備をしてもらいましたが、通常はこれらの整備を引き渡し前に行い、しっかりとテストドライブもして、少しでも気になるところがあれば、キチッとセットアップしてくれます。(通常1〜2日で完了するものですwwww)

どちらかというと、不信感というか騙し合い的なイメージが先行する昨今のバイク業界の「客と店」の関係のなかで、素晴らしいというか、確固たるポリシーを感じることが出来ました。やはり、規模とか統一CIのお店だからという事ではなく、ベスパを整備してくれるお店との出会いが大事だなーと再確認できました。

これだけ邪魔したにもかかわらずね(笑)

親方どうも有り難うございました!!!
いよいよGTS300 Super ABS-ASR Tourring正式稼働です。

This entry was posted in GTS300 Touring, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA