PX150Euro3 beyond

image
<あ、また親方が見切れてしまったwwww>
GTSと入れ替えでお店に置きっ放しだったので、Euro3にちゃんと乗れてませんでした。
ピックアップしてきましたので、いよいよGTS・Euro3のベスパ2台での新体制が始まります。
乗り出して1年経っていないEuro3ですが、今後は乗り方が変わってくると思われます。

基本GTSは何でも出来てしまうので、Euro3で無いとダメ!というイベントがありません。
近場へのちょい乗りやスーパーへの買い物も普通に出来てしまいますwwww
250は狭小路をチョコマカしたり、住宅・商業エリアでのストップ&ゴーを繰り返すような走り方をすると、車体の重さやハンドルフィールがかなり気になりましたが、300は別物のように乗りやすいです。絶対的なサイズや重量はありますが、全く気にならない。
そして高速道路も巡航速度差40km/h以上なので、時短&快適度からやっぱりGTSになるでしょう。

あ、PXの入る余地無い風・・・(笑)

ですが、久しぶりにEuro3に乗ってみると、やはり2ストのハンドチェンジは良いです。
「俺はGTSに乗りたいんじゃ無い!PXに乗りたかったんだ!!」って感じwwww
ラージフレームとはいえコンパクトなボディに取り周り良好なハンドル、マニュアルシフトなので小気味よく走れます。軽いですしね。
BigBoxのサウンドも響くなー
Euro3の販売終了もすでに時間の問題でしょうから、ホントに最後の2ストハンドチェンジモデルって事になりますね。
エンジンはともかくハンドチェンジだけでも残してくれると面白いと思うのですけどねー

<おまけ1>
GTSはイマドキモデルなので間違いなくベスパなのですが、4スト水冷オートマインジェクションと時代に合わせた進化を遂げてきているために、オリジンベスパとは一線を画するところがあります。「ベスパファンであるならばGTS300は必ず所有すること」という不文律に従い乗り始めましたが完全に別の乗り物だなーという事がわかりましたwwwww ←どっちも良いですけど

<おまけ2>
そして、いままで超過走行していたEuro3ですが、単純に台数が増えた事とロングレンジはGTSにシフトする事で、実走行距離は減るはずです。
そこで気がつきました! 箱で買ったオイルはどうしよう(笑)

This entry was posted in PX150 Euro3, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA