GTS300 ヒューズボックス

image
先日、小判鮫ヒューズを使ってETCの電源を確保しました。
問題無く動作していますが、電気をパクっているヒューズ本来の目的を把握して、無難そうなところに挿しておきたいところです。
早速、サービスマニュアルを参照しましたが・・・・
ヒューズの配列が全然違う!
念のため2008年モデル版~ABSモデル版までの全てをチェックしましたが、一致しませんねー(笑)
しかし、使用本数と種類構成は同じです。
(20A 1本・15A 1本・10A 1本・7.5A 3本)

ABS版のマニュアルを見てみると・・・
——————————————————————————
20A ABS Control Unit
これはそのままですねー
15A Front headlight,electric fan,Pre-in-stallation for anti-theft device.instrument panel,ignition switch
ヘッドライトと冷却ファンと純正盗難防止装置とメーターとイグニッションスイッチ
(盗難防止装置は付けた時にってことでしょうかね)
10A Control unit
何のコントロールユニットなんだー!
7.5A Inclination sensor,starter button.control unit,immobilizer aerial,ABS control unit
傾斜センサーとスターターボタンとコントロールユニットとイモビライザー受信機とABSコントロールユニット
7.5A Pre-installation for anti-theft device,turn indicators,horn,light relay,stop light, USB socket
盗難防止装置とウインカーとホーンとライトリレーとブレーキランプとUSBソケット
(こちらも盗難防止装置は付けた時にってことでしょうかね)
7.5A Taillight,instrument panel,front turn indicators
テールランプとメーターとフロントウインカー
——————————————————————————
いまいち不明な表記なものもありますが、7.5Aのヒューズは全部アクセサリオンで通電している感じなので、この3本が良いかなーと思っています。

どれが良いですかねー?
純正のアラームキットは装着する予定はないので、ここが良いかな?
ちょっと悩むなー(って、すでにどこかに挿して使っちゃってるんですけどね)

<おまけ>
そもそも論として、ユーザーマニュアルをみればヒューズボックスの内訳は出ているはずです。
が、書類モノは全て手元に無し(笑)
次回確認してみます。

This entry was posted in GTS300 Touring, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

2 Responses to GTS300 ヒューズボックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA