GTS250は終了になる模様です

22099849471_fae7885451_o <画像は特に意味なしwww>
来年生産が終了するPXほどの重大性はありませんが、GTSも250が無くなり300のみになる模様です。
(ピアジオ様の公式インフォメーションでは250は2012年で終了していますので、日本は特別扱いでしょうかね?)
2002年のGT200Lから始まったGTボディもすでに10年超。間もなく末期でしょうから、新フレームへ移行する流れでもあるのかもしれません。
自分のための備忘録として貼り付けておく感じになりますが、
LEADERエンジンは、L.E.AD.E.R.(Low Emission ADvanced Engine Range)の略となります。
2スト→4ストへ移行し、さらに排ガスや燃費等が社会的に注目されていた時代であったのでしょう。エンジンのパフォーマンス維持をしつつ、エミッション対策をしていかなければならない世代のエンジンとも言えます。そして本格的にインジェクションに移行し、リーダーエンジンの進化形もしくは完成系とも言えるのが、現行のクオーサーエンジンと捉える事ができます。クオーサーの略は、QUA.S.A.R.(Quarter Liter Smooth Augmented Range)となっています。
キャブとインジェクションの移行期を跨いだ244ccのM451Mですが、ボアとストロークをリファインし、より乗りやすくなった現行の278cc(M454M)が最終モデルになる感じと思われます。

どうしても300は車検があって250は無いというが気になる方もいらっしゃると思いますが、198→244→278とスープアップしてきたのにはそれなりの理由があるでしょうし、乗って見るとその違いに気付くはずです。
ベスパ乗りを自称される方は乗って見るべきかなーと・・・
(個人的には300に乗った以上250には乗れません。全然別物です。このタイミングで250を求める感じではないかなー。遅いし、価格差も無いし・・・・←あくまでも私見です)
どっちかというとGT200Lのキャブに乗ってみたいwwwwww

えーと、300乗りとしては依怙贔屓なんですが、逆に250をっていうライダーは最後のチャンスになります。(国内在庫のみか、今回の入荷で最後の2通りという話です。)
現時点で250の新車が買える地域は少ないはずです。

<オマケ>
そして・・・・あくまでも噂ですが・・・・www
現行モデルで採用されているプリマベーラやスプリント等のリバイバルネームの流れでRallyやGTRのモデル名で時期GTSがリリースされるという噂もあったりします。やっぱりモデルチェンジの流れかな?
格好良ければ即増車の可能性もありますが、個人的にはやっぱりVespa500とか700とかをスイングアーム片持ちで出していただけるとうれしいかな。(←即買いしますwwww)

This entry was posted in GTS300 Touring, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA