GTS300プラグ交換

image
プラグを交換をしました。
NGK社製CR8EKB(納車整備の段階で、すでにこのプラグが装着されていました。)

CR8EKB-2
<左:使用後 右:使用前>
多極(2極)タイプです。電極消耗や汚染に強いとされていますが、10000km以上使ってしまったので、見た目で解るレベルで電極が摩耗していますwwww
イケてませんねー・・・

CR8EKB-3
上から見ると電極が楕円形になっています。
新品は円柱形ですからこんなに減ってしまったということになります。
今回は完全にオーバーユース(10390km)でしたので、次回は5000km走行時点での状態を確認してみようと思います。

<オマケ>
車の場合、スパークプラグは2万キロ程度が交換目安として表記されている場合が多いですが、モトの場合、常用する回転数が高い(数倍)ためにプラグの寿命は1/3~1/4程度と考えないといけないという事を意識していませんでした。まーGTSは9月から乗り始めたということもあって感覚的には「まだ大丈夫」っていう油断もあった感じですけどね
それにしても電極減ってますね(笑)

This entry was posted in GTS300 Touring, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA