プリロード

image
あまり充足感が無いGTS300のショックアブソーバ交換ですが、それでもこまめに調整していたりします。(参考にならない&恥ずかしいので投稿していませんが、PXも含めサスペンションはかなり頻繁に弄っていますwww)
で、フロントのプリロードをしっかりかけてみました。数値的にはスプリングシートのタップが切ってあるところから28mm地点。

image
組み付け当初のプリロードがこんな感じでしたので、倍までは行きませんが少々意識的にセットした状態と見れます。1G状態で跨がった状態で、前下がり感はなくなりました。一方でフロントがピョコッと地味に突っ張り風の挙動を感じるのと、1名乗車と2名乗車や満タンとタンク空状態で、サスペンション感にかなり差異を感じるようになりました。
難しいところですが、市街地と高速では「まーまー」なところです。
イメージ的にはもう少し動き始めがしなやかな方が良いかなーという感じです。
ツーリング時のワインディングロードで状態を確認してみる予定です。

This entry was posted in GTS300 Touring, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA