GTS300 MY14 Bitubo

先日コメントを頂いたスパベ爺さんさんのサイトを拝見するとGTS300Touring用のビチューボをオーダーされておりました。ビチューボ格好いい!欲しいなー・・・

Bitubo社様の本国サイトでは9月7日の時点で小排気量向けのESS用フロントショックが新製品の欄にアップされていました。
WS000001
これがスクリーンショット
この時、メールで「300用はいつ出るの?」と尋ねたところ「予定にはありますが未定だよーん」(多分www)と気さくなフレーズの返答を頂きました。
WS000004
プロダクトファインダで見てみるとこんな感じ。
製品番号はPV043GEV01となっています。
価格は196ユーロ(税込)

300用は・・・・?
と思って見てみると・・・・WS000003ありました。(添付画像はぶち壊れているwwww)
製品番号はPV044MEV01
お値段は208ユーロ(税込)
となっています。
画像ファイルが落ちてしまっているので、Googleで検索してみると・・・gts-bitubo
ほほーこれですね(海外通販サイトからのパクり画像なのでピクセレートしています)

お値段も本日のレートで換算すると約27000円。19%がVAT(付加価値税)ですから、海外から手配にこなれたショップであれば、送料込みでもこのくらいの末端価格で入手出来そうです。
一方、ビチューボ様はリヤショックが328ユーロと高額なのが気になりますけど・・・
セットで組むと70,000円を超えてしまいます。高いな。
「マロッシとビチューボ比較しました」的な話題は出来ない風(笑)

<参考リンク>
WS000000
http://bitubo.it/

<おまけ1>
ビチューボは製品番号が異なるので、小排気量車とは別設計になっている可能性があります。
具体的にはバネレートやイニシャルの減衰力、ショックそのもの全長などが300向けにセッティングされている可能性があります。
最もカタログ表記上、製品番号が異なるだけで中身は同じっていうこともイタリアンプロダクトなので全然ありそうな気がします。
「何が違うんですか?」と尋ねても、真剣に「箱に300と書いてる」と答えられるような気がしてなりません(笑)

<おまけ2>
何故かオーリンズでフロントフォークが35万・リヤショックが30万ですと言われてもなんとなくそんなもんかな?むしろお得?と思えるにも関わらず、ビチューボ・マロッシは2~3万円のラインでかなり厳しく見てしまいます。
まー現物の仕上がりがそんなに良くないせいでしょうか?単に素材として見てもイマイチだからかなーノーマルショックにアジャスタブル機構が付いたというような位置づけでしょうからかもしれませんね。

This entry was posted in GTS300 Touring, Parts & Goods, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA