雨中走行ww

image
昨日(20日)はちょっとした悪天候でしたねー
お店の皆さんはオフロードイベントだったのでおそらくドロドロでしょう。
スパベ爺さんさんもウッカリやられたというご報告をされてました。

私は午前中から全身合羽を羽織りいそいそとGTSで外出www
戻りは夕方なので、確実にヤレらレルのを解った上での行為でした。馬鹿ですねー

ウェット時のサスペンションの動きを知りたかったってのもありますが、雨だと解っていてもどうしても乗りたい気分だったような気もします(笑)
結構な降りの中、通常ルートを取らずにクネクネ道を経由しながら遠回りして帰ってきました。

ノーマルショックの時はダイビングが速くてタイヤの荷重変化が極端に出るせいか雨で濡れた低μ路では「ギュッ→カチカチ・・・」とコントロールの余地も無くABSが作動していたのに対して、コチョコチョと弄り続けているマロッシ様は、「ギュ!ギュ!ギュ!ギュ!ギュ!→カチカチ」というような作動で、ウエット路面でもしっかりタイヤを押しつけているのが、体感できます。なかなか良いです。リヤはタイヤがショボいのでスコッとすっぽ抜け風でABSが作動してしまいますが、トータルのブレーキ性能としてみると、ノーマルに比べしっかりと効いていると思われます。

ノーマルはダンピング不足が原因で一瞬ではあるかもしれませんが、サスペンションのキャパシティを超えてしまっているのかもしれません。
理屈的にはドライ路面でも同じ事がおきていると考えると、そういった意味ではアフターマーケット製品が有用に使えている事が確認出来ました。

<オマケ1>
と、言ってはみたモノの、タイヤは完全に終わっていて滑り方的にはなかなかスリリングwww
結果的には問題ありませんが、スキーかスノボみたいな感覚なスライドは「うおっ!」と一瞬ドキッとします。
いずれにしてもモトの場合、すり減ったタイヤは何のメリットも無いので早急に交換したいと思います。

This entry was posted in GTS300 Touring, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA