Hyod TOKYO

image
初めてHyod東京に行ってきました。オープンからもうすぐ1年ぐらい経つのかな?
箱根の山は越えないらしいという噂がまことしやかに囁かれていたHyod様でしたが、昨年ついに東京に直営店を出して頂けました。Hyod様ありがとうございます。
大阪や福岡に行く用事があると・・・まず、「Hyodに行かなくちゃ!」という感じでしたが、これで気軽に出向けますねー

前置きが長くなりましたが、今日はレーシングスーツのサイズチェックが目的です。
一番最近に作ったのはコレ。12269466976_b0df0a4cdd_o12268876155_6f1ce885d7_o
アジアの片隅用に作ったモノなので、現在は国外保管中(笑)←もうカビだらけかもwww

やっぱり日本人の体格を平均的にカバーしたサイズラインナップは大変重宝します。
海外ブランドに比べると安価で着脱衣も含めて動きやすく使いやすい。
半分のコストで倍以上の構造機能を得られる印象があります。
デザインは既製ですが、プレミアムアートというカラーオーダープログラムが充実しているので、自分だけのスーツが手軽に作ることができます。

さて、サイズチェックですが・・・・
また巨大化していました(笑)
いままでのサイズ L-ワイドB(中デブサイズ)

これからのサイズ L-2ワイドB(大デブサイズ)
標準のサイズ表にはこれ以上は無いwww
困ったなー・・・

そして、納期は現状最低6ヶ月。
ま、レーシングスーツの納期はこんなもんでしょう。
長く使うモノですし、相対的に安いとはいっても使用頻度から考えると高価なものですので慌てず騒がずオーダーしたい感じですねー

さーデザインと色を選ばねば…

<おまけ1>
街乗りレザーはダイネーゼ様とカドヤ様を好んで使っていますが、サーキットではHyodを使っています。
現状把握していないので一概には言えませんが、大好きなダイネーゼのスーツを作ろうとすると強烈な数字が並んだメニューを見てオーダーする必要があります。勇気が入ります。(まーまーなスーツで大体GTS300を新車登録するくらいwww )
そしてさんざん待たされる割には使いやすさや仕上がりは正直イマイチでオーダー感は薄いです。所有感はありますけどwww(例によってあくまで私見ですwww)
私のようなデブ&胴長・短足なアジア人には使う資格が無いのかもしれませんね…それ以外のユーロブランドは買ったことが無いので他はどーなんだろう。
Hyod様のサイズチェックはシンプルですが、的確にポイントアウトしてくれます。(袖短縮時の15mmと20mmの違いとか・・・)
一般アパレル販売の片手間にスーツフィッティングしているのと、スーツメインで付帯的にアパレルラインを展開している部分の差ですかね〜〜
片手出せば現役トップライダーと同じ最新のスーツを入手できます。
オススメ風

<おまけ2>
噂ではサーキットを貸し切ってバーベキュー&ベスパな走行会が実施されるらしいです(風説の流布www)
突然ベスパGPへのエントリーはハードですがサーキットエクスペリエンスとしてコースインできるのであれば怖くないwww
転ぶ必要までは無いと思いますが、自分のベスパでスタンド擦るまで倒したり、ホイールロックギリギリまでフロントブレーキを握りしめてみるのは日常のセーフティーライディングにもフィードバックされるかなーと思うので楽しみです。
で、噂がホントになってからスーツを入手するのでは遅いので早めに動く感じwwww

This entry was posted in Parts & Goods, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA