GTS300Touring ベルト交換 その2

R0017025
バリエータ側からいきたいと思います。

R0017026
バリエータを固定しているナットを緩めます。
単気筒だからコイツがクランクに直結してるんですよねー

R0017041
バリエータを外します。

R0017031
ほほーコレがウエイトローラーかー・・・・(初めて見るww)

R0017035
全取っ替えして捨ててしまいますが、こんな感じに均一に削れているのは良い状態だそうです・・・・

R0017036
一方、一部が偏摩耗しているローラーは動きが悪くなるようです。

R0017032
緑色のパーツがスライディングブロック。
このプレートでウエイトローラーを押さえています。今回の整備で一番劣化していたのがこのパーツでした。コレがガタガタになるとウエイトローラーの動作や、耐久性に影響が出そうです。

R0017054
次にベルト。パッと身はよくわかりませんでしたが、新品と比べてみるとかなり状態が違うのが解ります。デコボコのトップが結構削れてしまっています。

R0017038
外側(空冷ファン側)のベルトプーリー面です。オヤカタの解説によると、常用回転域はベルトによって摩耗するそうです。何層かに色が分かれています。最外側と中心部分がよく擦れているようにみえますねー。削れたりしていなければ、問題が無いそうなので今回は交換しませんでした。(最外側はちょっと段差風でしたwww)
前後内外側のともに状態は綺麗でした。

R0017028
クラッチのベルハウジング
シューの摩耗片がたまって汚れているので、パーツクリーナーでグチョグチョベチョベチョに鳴るまで浸して洗浄。

R0017056
絞って撮影してみると回転方向に傷が見えますが、パッと見た感じは問題無さそうです。

R0017051
シュー側も傷や割れ、欠け等も特に見当たりませんでした。綺麗ですね。

ここまでが状態確認
<続く>

This entry was posted in GTS300 Touring, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA