MICHELIN CITY GRIP

MICHELINCITYGRIP
ベルトを交換した翌日、タイヤを交換しました。(してもらいましたwww)
自分でタイヤが「もうダメじゃん」と言い出したのが1月の初めでしたので、そこから2ヶ月放置してたことになります。(先日のツーリングでも休憩場所に到着する度にオレンジ様に「タイヤ無いよ」というご指摘を頂いておりました)(また、厳密には放置では無くてどのタイヤを買ってみようかなーと悩んでいたら時間が経過してしまったwwww)
で、結局標準装着されているMICHELIN CITY GRIPを再度インストール。まー大局的見地ってところですか(←意味不明w)
最近、オヤカタはYCXと刻印のあるタイヤでツーリングに参加されています。
見ていると、キュッ!っと停まってピューッって曲がって行くのが、楽しそうです。
私の技量では装着されているタイヤで全ての走りが決まる(笑)ので、そういう意味では、
diabloscooter
これ(ディアブロスクーター)が良かったのですが、どなたに伺っても「消しゴムのように無くなります」というご回答ばかり(笑)
もちろんハイパフォーマンスの証ですので全然オッケーなのですが、日常の使用形態が週最低500km高速道路をまっすぐ走るだけという本来のタイヤ性能は全く生かせない現実があります。さすがに無駄遣いな感じがあきらかなので抵抗があって躊躇してしまいました。

個人的には、イタリアの車輌なのでイタリアンブランドのタイヤが履きたいんですけどね(笑)
スペアホイールを入手して、そっちにはforDRYとかSoftとか刻印されてあるヤツを組んでおこうかなー?

まー工場組立時に装着されてくるいわゆるラインタイヤ?は同一グレードであってもアフターマーケットプロダクトとは違うと言われていますので、その辺を体感できるかな?というのをテーマに走ってみたいと思います。

This entry was posted in GTS300 Touring, Parts & Goods, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA