MICHELIN CITYGRIP GT

手放し運転が大好きです(笑)
グローブ嵌めたり、動画再生を切り替えたり、ETCカードを入れ替えたりと・・・両手をハンドルから放すといろんな事ができます。
(嘘です!全部嘘!指全部を使ってちゃんとハンドル持ってますwwww)
私的には一般道でもサーキットでもパッと手を放した時のフィーリングでその日のライドコンディションを確認しています。
image
先日ミシュランシティグリップをリプレイスしました。(まだ、皮むきも終わっていない段階です)
お店に向かう途中に遠くの信号が「赤」になったので、スロットルを放しついでにハンドルから手を放してピューっと惰性で進もうと思いましたが・・・・
「3桁→2桁に表示が落ちたなー」と思っていたら、「カタカタ」→「カタカタカタカタ」→「ガタッ!ガタッ!」→「ブルブルブルブル」とハンドルが振動がドンドン大きくなります。共振作用ってヤツやつかな?と思いましたが、まっすぐ乗れないぐらいまでステアリングの振動が収まらないので、地味に怖い(笑)
うーん困った。手放し運転が全然楽しく無いぞ!

そもそもGTSのフロントサスペンションリンクは構造上、走行中にブルブルとハンドルが振れます。
(特にタイヤが減ってくると著明になる)
現行のサスペンション(ESS)になってからはリンクの改良によりかなり抑えられた事になっていますが、タイヤ交換直後からものすごい揺れっぷりです(笑)
ホイールバランスが極端に狂っているケースも考えられますが・・・・
SS系のタイヤも含めてバルブ位置だけを合わせて組んでバランスは取らない事がほとんどですが、こんな経験は無いなー
消去法的にはやっておかない事項ではあります。(よろしくおねがいしますwww)

一方、日本語の情報としては上がってきませんが、
WS000000
ミシュランシティグリップの適応車種にGTSの記載がありません。(コレはCO.UK)
そして諸々ダウンロードした関連PDFファイルをよくよく見てみるとMICHELIN CITYGRIP GTという製品がVESPA GTS300専用という記載を見つけました。(正確にはVESPA GT・GTS系と思われます。)
============================================
GT version of this tyre , especially developed for use with the Vespa GT is also available, to meet its own individual demands and specifications.
============================================
↑こんな感じ
US版サービスマニュアルを見てみると、パーツナンバーとして666404という番号での記載があります。
文章的にはいわゆる専用タイヤという事になります。
サイドウォールが硬いとか柔らかい等の仕様付加がされている可能性があります。
最もOEMパーツとして、便宜上GTとしているかもしれませんのでなんとも言えないところですが、専用設計タイヤを侮ってはいけないのは多々経験があります。
検証するにはこのGTというタイヤを入手してこの状態でリプレイスしてみるしか無い(笑)
簡単に入手できるものなのかな?

いずれにしても、このままでは不味いので珍しく早々に対処したいと思います。
(オヤカタ&ハーレーヤノオニイサンナニトゾヨロシクオネガイシマス)

<おまけ1>
120/70 12 51S
120/70 12 51P←GTがある
130/70 12 56P
130/70 12 62P←GTがある
シティグリップの国内流通規格がどちらかは未確認ですが、GTS用はフロント51Pリヤ62P規格のもので、GTも同じ感じでラインされています。←備忘録

<おまけ2>
911はN3規格の製品が承認タイヤですし、私の人生には関係ありませんがブガッティヴェイロンも専用のミシュランPAXランフラットシステムを採用していますwww
実際にN3じゃないタイヤを911に装着すると、普通に乗るだけでも挙動変化がダメダメになります。と考えると、私のGTS300Touringに特別仕様のシティグリップ採用されていてもおかしくはありません?(笑)
image

This entry was posted in GTS300 Touring, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA