PX150Euro3 ウゴカス その2

PX150Euro3
私のEuro3はLEDバルブに換装しています。
交換すると闇夜を切り裂く明るさが得られます!という事は全然無いです(笑)
純正バルブと遜色ない暗さwww
完全なるファッションアイテムです。
とりあえず使えているので放置していましたが、光軸がおかしいのが気になっていました。
(かなり上を向いています)
この機会に改善しておきたいと思います。

image
ヘッドライト下のボルト(7mm)で光軸が調整出来ます。
前方へスライドすると光軸は上に、後方へスライドすると光軸は下に向く感じです。
とりあえず目一杯後ろへ下げてみました。

image
横から見るとこんな感じ。
ライトユニットが全体的に下を向きました。コレで照射が改善するかな?

追記
暗くなってきたので、試走してきました。全然改善傾向無し(笑)
むしろライトユニットが干渉して変な振動が出てます。
速やかに元に戻しますwwww

<おまけ>
廉価なLEDバルブを使っているので、バルブユニットの作りが甘いです(笑)
バルブユニットとリフレクタへのマウントフランジがビス留めのため、ここの組み方で結構バルブユニットの角度が変わります。
組んで→バラしてを繰り返せばしっかりと光軸を出せる可能性がありますが、めんどくさい(笑)
ちゃんと組めてもママチャリより暗いという事実は変わらないのでwwww

This entry was posted in PX150 Euro3, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA