PX150Euro3 ラストイヤー

2016年は、ユーロ圏でのEuro3→4の移行年になります。
(Euro3は今年まで。Euro4は今年からという事になる)
日本は今ひとつはっきりしませんが、周辺アジア諸国では前倒しで2017年から急遽Euro4に準拠する動きもあります。
PX150Euro4が登場しないのであれば、Euro圏で販売できない車輌をピアジオ様がいつまでも作るってのはリズナーブルではないので、日本でも今年~来年にかけてがPXラストイヤーになるだろうと思われます。

vespa_70_aniversario
先日、ダサッ!と言ったばかりでの70周年記念モデルですが、見慣れてくると結構シブい(笑)

vespa_70_aniversario
ステッカーだとは思いますが、サイドカバーに70のロゴが入っていたり

vespa_70_aniversario
ツールボックスには70アニバサリーノ?のエンブレムが装着されています。
こうやって光が当たるとスカイブルーにも見えます。
グローバルモデルとしてこれがP・PXの最終モデルになるのでしょうか?
日本には正規で入るとか入らないとか・・・・(並行では入ってくる事が確定しています)
このモデルは是非入れてもらいたい(笑)

image
先日モーターサイクルショーに出展されていたコイツはナンチャッテらしいので諦めることにします。が、私的には現在乗っているメディテレーニアンブルーのEuro3が中古なので、ラストイヤーに新車のPXを押さえておきたいなーと思っています。
150周年記念として150台限定と銘打っているモデルは、このミドリではなく、オーダーが入ると標準カラーのモデルにリヤキャリヤと限定のプレートをくっつけるという、国内在庫コントロールな大人の事情モデルらしいので全然欲しくない(笑)

image
現状は、PX150Euro3Touringが良いかなーと思っています。
台数限定風でリリースされましたが、継続的に入荷しているそうなので在庫表示を見ながら買うことが出来ちゃいます。70ミドリの動向を伺いながら、表示が「○」じゃなくなった段階でコイツに変えようかなー(笑)
Euro3ラストイヤーです!!

<オマケ1>
vespa_70_aniversario
20台でスタートしたGTS300Touringも普通に輸入されている模様ですが、70周年のミドリもリリースされています。
傾向的にはPXとGTSは入荷されそうなので、GTSを検討中の方はこいつも魅力的ですね。

This entry was posted in PX150 Euro3, GTS300 Touring, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA