GTSタイヤ問題 経過報告

image
初期セットタイヤの消耗に伴ってメインテナンス的にタイヤ交換をしましたが、予想外のハンドルガタブル問題が発生しています。
最近はなんでも妖怪のせいにすることができるので、それはそれで重宝なのですが普段使いに支障があるのは困ります。
経緯はこちらから・・・
その1 MICHELIN CITY GRIP
その2 MICHELIN CITYGRIP GT
その3 バランスウエイト ハズシタ
前述のようにGTSのフロントタイヤはサスペンションリンクの構造から走行時に振れが目立ちます。

今回のケースはタイヤ交換直後に発生。
1セット目のタイヤでは体感したことの無い大きなブレが出てしまっています。

解決&原因究明を段階的に実施中。
まずはタイヤバランス。
image
先日、オヤカタに無理をお願いして、バランサーに掛けて貰いました。
オフセットがほとんど無い12インチのバイク用ホイールのバランス取得なんてまずあり得ないwww
(わがまま言って済みません)
早速試走してみましたが、なんと!!ブレはより激しく大きく出るようになりました(笑)
想定外でちょっとスゴいですwwww

そして本日、ブルー様の御厚意でベージュのGTV250改300とフロントタイヤを入れ換えて試走検証をしました。(ブルー様ありがとうございます。)26681253601_26a8904703_o
ちなみにブルー様のベージュのGTV250改300は100km/hあたりから手放し運転をしても全然ブレがでません。(タイヤはかなり逝っている状態)
そこで、
検証1:ブルー様のベージュのGTV250改300からフロントタイヤを私のGTSに装着
検証2:私のGTSのフロントタイヤをブルー様のベージュのGTV250改300に装着
走りの違いを比べてみました。

image
オヤカタがブルー様のベージュのGTV250改300を素早くジャッキアップしてホイールを外し、立て続けに私のGTSをジャッキアップしてホイールを外して入れ替えてくれました。
ブラックホイールも結構格好いいなwwww

さて「検証1」で、ブレは嘘のようにピタッと停まりました。100km/h近くから手を放しても全くぶれない。低速時の旋回でも違和感なくフロントタイヤを端まで使えます。
うーん、全く不安を感じない。
そして「検証2」
ブルー様が目の前を通り過ぎる際、ハンドルが超ブレているのを確認しました。
一度ブレ始めるとドンドン症状が強くなるのも同じでした。

ということで・・・・
車体の問題では無く、タイヤの問題であるということが、証明されたという事になります。
今後の対策としてはタイヤを換えてみるって事かな?
装着しているタイヤ固有の不良等である可能性も否めませんが、GT・GTS専用タイヤとしてリリースされているミシュランのシティグリップGTを導入したいと思います。
カタログスペック上は
MICHELIN CITYGRIP GT 120/70-12 51P(VESPA GTS300専用)
MICHELIN CITYGRIP 120/70-12 51S(一般モデル)
スピードシンボルが異なるだけ(Pは150km/hまで・Sは180kmまで)ですが、案外この辺りの違いで症状がでているのかもしれません。
(ブルー様からも同様の有用なアドバイスを頂きました←ありがとうございました。)

さー実験!実験!

<オマケ>
26559599792_75abddb8cd_o
GTSは出木杉英才(フルネームwww)的で面白みに欠ける部分があり、単なる移動手段と考えても「もう、飽きちゃったよー!」って感じだったのですが、意外にも繊細な部分を見せてくれました。前後ホイールを外されて湘南ベスパミュージアムお店に放置されている佇まいもなかなかでした。(←異常者風ww)タイヤの換装で症状がピタッと収まったりしたりするのであれば、専用タイヤを市場に流通させてまでコンセプトしてやろうという考え方は結構なスゴいかなー?なんてね。なんか愛着湧いてきたなー(笑)

This entry was posted in GTS300 Touring, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA