GTS250ie モンテホワイト

gts250
70周年PXと同じくらいポイントとなるモデルがGTS250のモンテホワイト。
グローバルモデルから250ccが姿を消して久しいですが、日本専用仕様としてラストロットがデリバリーされます。
世界的にも250ccのGTSはコレで最後って事らしいので、逃したら二度と入手できない訳ですから、さりげなく貴重なモデルと言えます。
(PXは記念モデルとはいえ、一定期間販売が継続されるわけですから希少性も高いってことですね)
20台?か30台?ぐらいでしょうか?そんなにたくさんは入ってこないのかな?
(某業者様が押さえた分の余り分が正規輸入されてクルなんて話も某事情通の某マニアな方から伺ったような気もしますが・・・)

ま、それはさておき・・・
日本においては軽二輪として登録出来るのは300と比べて大きなアドバンテージであると言えます。
そしてカタログ上の表記価格は
250が698,000円
300が718,000円
で、わずかな差となっていますが、300の場合はガス検や本検査の前に予備検査の実施が必要になりますので実質の乗り出し価格は約83~85万円辺りになります。
その点250はカタログプライス+αのコストで登録出来ますので、コスト的にもメリットがあります。車検の必要がないのでリセールも良いでしょうから、相対価値も高い車輌と言えます。

最終モデルのデザインでモンテホワイトっていうのは相当格好いいだろうなー
これに150Super用のステッカーを貼ったら完璧風(笑)
5月~6月頃のデリバリー予定だそうです。

This entry was posted in vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA