GTS300 16000km超

image
いつものように湾岸線を走っていたら16000kmを超えていました。
乗り始めてから8ヶ月が経過。
月2000kmペースでした。思ったよりも乗っていませんね~~

秋~冬にかけては単機運用だったのでイメージ的にはもうチョイ距離が出ている気がしていました。

暖かくなって来たせいか、エンジンはとてもスムースです。レブリミッター作動までストレス無く回ってくれます。スロットルのツキもよいし、車重が軽くなった感覚になります。気分よいです。
(そういう意味では冬の高速連続走行はオーバークール傾向にあるかもしれません。)

湾岸~山手トンネル抜けのコースだと、スロットル全開の状態で140(リミッター作動)~110(吊り橋やトンネルの上り)の範囲を推移しています。誤差10%としても100を切ることはないので、少々ローペースではあるものの、巡航は苦にならない感じでしょうか。ポジションも楽ちんですし。

なかなか使いやすいですねー
GTS300 Touring、かなりオールマイティに活躍しています。

但し、ハンドルのガタガタはドンドン症状が強くなっていきますので、なるべく早急に対処予定。

<おまけ>
そうは言いながらも毎日乗っていると路線が路線だけに、パッと見原チャリ風のスクーターがピューっと走っているのがマズいのか・・・結構、被せ気味に進路を塞がれたり、譲ってあげたはずの車からウォッシャー液が飛んで来たりします(笑)あれ?wwww
また、400ccクラスのバイクがどれだけ遅いかをご存じない国産改造4輪オーナー様等に弄られてしまったりすると最高速100kmチョイクラスのGTSだととにかくスロットルを開け続けるしかなく微妙な膠着状態がなんとももどかしいです。
そんな瞬間は200馬力前後の車輌が頭をよぎります(笑)

This entry was posted in GTS300 Touring, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA