SPARE PARTS CATALOGUE

WS000002
スペアパーツカタログを参照中。PX150Touringまでパーツナンバーが記載されています。
パーツナンバーが解れば、日本からでも正規純正パーツ取り扱い業者様にスマートにお願いする事が出来ます。
Euro3の場合、主要構成パーツに変更は見受けられませんが、外装やスイッチ・アクセサリ等にバリエーションがあります。
うーん便利だ。

同一バージョンのギリシャ語版も入手。
WS000003
キプロスの業者様から求めると国内正規品とかなり価格差があるようなので、モノによっては送料や通関の手間を考えてもメリットがあるような気がします。
しかし、ギリシャ語は全くわからないので、英語版を見て同じ部分をコピペして注文すればオッケー風では?と妄想中(笑)

<おまけ1>
WS000004
GTS版は結構細々と仕様が異なるので勉強中。
TouringをSuperSportsに変更したりするには結構な数のパーツが必要なんですねー

<おまけ2>
個人的にはSJ30FK・40FKが好みです。
ベンリー110の破壊力は半端で無いそうなので「手を出さない方がいいよ!」ってベンリーオーナー様がおっしゃっていました。リヤに巨大ボックスを装着すると二度と普通の車体には戻れないほど堕落するそうです(笑)

This entry was posted in PX150 Euro3, Parts & Goods, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA