Vespa PX150Euro3 MY16

ラストイヤーとされているPX150Euro3ですが・・・
国内エンドユーザに向けての正式なアナウンスは今のところ特に無し。
というか、シーズンインしたこのタイミングで国内メーカー在庫が0らしい。
おーい、フラちゃん入荷するころには梅雨入りですよん・・・・ ←知らない人だけどwww

PX150touring
そして、セリエスペチアーリなTouringもPGJ様のサイトに掲載されたと思ったら、もう輸入の予定は無いそうです。(本国はそのまま継続)去年9月のリリースから約9ヶ月。何台くらい輸入されたのでしょうかね?50台までは達していないのかな?
現在、メーカー様にはディスパッチ待ちの車輌が残っているだけらしいので、各ショップ様の在庫が無くなったら終了ってことですね。
スクリーンとリアキャリアは装着率の高いオプションですので、ノーマルPXにこの2つを装着するだけでもTouringの価格を超えます。さらにフロントキャリアを装着すると結構な価格差になります。
ボディカラーと特別仕様のシートが好みであれば、非常にバリューなPXになります。
まさに特別仕様。
私も次期PXをコイツにすれば、GTSとPXのツーリングを両方ゲット!となるのですが、そういう感じでは無い(笑)

PX150-70th
本国で発表された70周年記念モデルも入荷の予定は依然ナシ。
シルバーと70thグリーンの2色構成でリリースされているのですが・・・
1台も入らずにフェードアウトで販売終了とかはさみし過ぎるかなーー

PX150-bianco
私的にも早々に次期PXを選定しなければならないので、動向が気になります。
TouringよりはスタンダードPXかなー・・・
入るか入らないか判らない70thPXを年末まで待つのはちょっと無理かな。
まーユーロ圏で販売が終了しても、突然なくなる訳では無いはずなので、数年間はなんだかんだPXの新車を入手する事はできると思いますけどね。

<おまけ1>
img_px150anv_01
これだけは絶対に買わない事が確定しています(笑)
ダサッ!

<ご連絡>
konosupa様メールありがとうございました。
走行距離的にもタイヤ摩耗に伴う、カタカタが現れる頃かと思われます。
そのカタカタは微少なものなので、新サスペンションリンクが採用されているGTS300Touringでは小康状態を保ち、大事には至らない現象であると思われます。
私のガタブルはその数倍の規模です(笑)
手を放し続けるとどこまでもブルブルが拡大し直進出来なくなります。
10000km付近でのタイヤ交換時には「GT」銘柄を指定してのご購入を強く推奨しますwww

This entry was posted in PX150 Euro3, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA